墓じまいで多い親族間で起こるトラブル集<対策方法も教えます>

供養・お墓
スポンサーリンク

近年、お墓の維持管理が難しい・後継者不足といった理由から『墓じまい』が注目されるようになりました。
しかし、墓じまいに関する知識がないまま手続きを進めてしまうと、親族間でトラブルが起こりやすく余計に頭を悩ませることに…。

今回は墓じまいで考えられるトラブルへの対処や未然に防ぐ予防策について、ご紹介していきます。
トラブル回避のポイントを知り、不要な争いはできる限り避けていきましょうね。

スポンサーリンク

墓じまいの親族間トラブルで一番多いのは「説明不足による関係の悪化」

墓じまいをするかどうかは、最終的にはお墓の後継者が決断することです。
しかし、自分1人でお墓の管理をしているからといって、好きなようにしてよいとわけではありません。
特に自分の両親がお墓にすでに入っており、兄弟がいる場合はその兄弟にとっても大切な両親です。
事前に親戚に一言も相談せずに、自分1人で墓じまいを決めてしまうと兄弟や親戚から『何て自分勝手なんだ』と思われてしまうでしょう。

お墓に入っているのが自分の祖父母であれば、なおさら関係してくる親戚が増えますね。
説明を何もせずに墓じまいをしてしまうと、いざ墓参りをしようとしたときにお参りする場所がなくなってしまいます。
反対されるのが目に見えているから憂鬱と思うかもしれませんが、ご先祖様に関する大切なことです。
一言も相談せずに墓じまいをしてしまうと、親族間の関係が悪化してしまうため十分注意しましょう。

親族への墓じまいの話し合いで大切なのは『事情をきちんと説明する』こと

墓じまいを検討するにあたって、親族との話し合いは欠かすことができない重要事項です。
不要なトラブルを防ぐためにも話し合いでは、
1.必ず相談という形を何回か行う
2.なぜ墓じまいを考えたのか、具体的な理由を説明する

といった2項目は必ず伝えましょう。

決定ではなく相談という形から話し合いを

突然決定という形で言われたのでは、どうしても反感を持ってしまいます。
相談する相手もまずは自分の兄弟といったように、より自分と近い存在から相談していきましょう。
相談も急に親族全員を集めての親族会議にしてしまうと、反発されやすく意見がまとまらないまま終わりになってしまいがちです。
できるだけ1人ずつ個別に相談していくことで、それぞれが考える時間が持て会議の場で味方になってくれやすくなるでしょう。

親族が納得できる理由を用意しておく

墓じまいの相談をするときに、どうして自分が墓じまいを考えることになったのかという理由をあらかじめ、まとめておくことが大切です。
相談するときは自分の意見を一方的に言うのではなく、まず相手の気持ちを一旦受け止めることを忘れてはいけません。
特に故人の兄弟やいとこがまだ健在の場合は、墓じまいを伝えることで寂しい思いをさせてしまう可能性があります。

相手の気持ちを受け止めたら、今度は自分の意見を伝える番です。
・墓参りに行く時間がなかなかとれずに、お墓が荒れてしまっている
・お墓の後継ぎがいない

といった墓じまいを考えた理由を伝えましょう。

親族への説得はとにかく、誠意と根気が必要です。
高齢の方ほど色々な理由をつけて反対してくるかもしれません。

「墓じまいをしたら先祖に対して、失礼ではないか」→「定期的な墓参りができずに、雑草だらけの状態のほうが失礼」

墓参りを1度もしないのに反対する親族へは、「自分だけではお墓の管理はできないため分担でお墓参りを行いましょう」

と力を貸してくれるようにお願いしてみても良いでしょう。

反対意見を予想して打開策を考えておき、その案を親族が行えないようであれば墓じまいに賛成せざるをえないということになりますね。

「親族が費用を負担してくれない」これも墓じまいのトラブルに多い

墓じまいをするには

◎お墓の解体や費用撤去…10~30万円程度
◎魂抜きの儀式・お布施代…1~5万円程度
が必要になり、状況によって
◎墓石の移動費用…最低5~10万円
◎離壇料…5~20万円

が発生します。

これらの費用を親族で分担したいと急に言い出したら、ますます親族の反感を買い結局金銭補助を拒否されたという話が多く聞かれます。

墓じまいに関する費用を全て自分で負担しようとすると、高額な出費になる可能性も…。
できれば親族と話し合って、それぞれが分担するのがベストな状態ですね。

しかし、墓じまいに必要な費用は原則、該当するお墓の所有者が負担しなければいけません。
そのため、費用の分担をしつこく持ち出しても自分が満足できる結果にならないことの方が多いということを、頭に入れておきましょう。

トラブル対策としては『普段からの友好な関係』『負担額の調整』が有効

上記でも説明したように、墓じまいに関する費用は基本的にそのお墓の所有者が負担するのが原則です。
しかし、普段から親族と友好な関係が築けていると費用の負担をお願いしても、快く引き受けてくれる可能性が高くなります。
墓じまいの相談をする少し前から急に連絡を取り出し、その後相談を持ち掛けると逆効果になるので気を付けましょう。

また、墓じまいにかかる費用に関しては相手側の負担額が少額になるように調整すると、承諾してもらえる可能性も高くなるでしょう。

このときもあらかじめ全体の手続き・各項目でいくらかかるからそのうちのこの部分だけ負担して欲しいというように、具体的に話すのがポイントです。
実際の数字を出しながら話すことで相手も分かりやすく、信頼されやすくもなりますね。

しかし、こちらがいくら誠意を示して丁寧に事情を説明しても、残念ながら相手に納得してもらえない場合もあるということを覚えておきましょう。

墓じまいは寂しいから嫌!という親族間トラブルには手元供養を提案しよう

お墓参りには行かない、でも寂しいから墓じまいには抵抗があるという親族へは『手元供養』の提案をすると、納得してくれる場合があります。

特に故人と縁が深い兄弟には、
『手元供養で自宅に遺骨を保管することで、いつでもそばにいてくれるという安心感が持て寂しくない』
といった切り口での説得が可能。

自宅に遺骨を保管することで守るべき存在ができ、生活に張りがでてくる場合もありますね。

自宅に遺骨があるためわざわざお墓参りをする必要もありません。
説得する親族が高齢でお墓参りに行けていない状態であるのであれば、『手元供養をすればお墓参りの必要がない』といった切り口でも、説得できそうですね。

墓じまいトラブル回避のポイントは、周囲との友好な関係を築くこと

墓じまいで親族間との間で考えられるトラブルは
1.説明を十分にしないまま墓じまいを進めて、関係が悪化してしまう
2.墓じまいにかかる費用を親族が負担してくれない

といった2点です。

上記のトラブルの対策としては
◎墓じまいをする前に必ず相談をして、お互いの考えを知る
◎親族が納得できるような墓じまいの理由や解決策を考えておく
◎相手が了承しやすいように、負担額を調整して提案する
◎日頃から良好な関係を築いておく

といったことが挙げられます。

また、お墓がなくなると故人のつながりが亡くなってしまうような感じがして嫌だ、という相手には自宅で遺骨を保管できる手元供養を提案してみましょう。
お墓参りに行く手間もなく、いつでも故人が近くにいるので高齢の方にもピッタリの供養方法です。

こちらの意見を一方的に伝えるのではなく、日頃から友好な関係を築き相手の意見にも耳を傾けるようにするのが、トラブル回避のポイントといえるでしょう。