終末期医療の費用は上限いくら?高額療養費制度で負担を減らす

終末期医療
スポンサーリンク

現在健康に不安がなくても、将来を考えて万全の対策をしておきたい…。
そこで気になるのが『病気になり最期まで入院や治療をすることになったとき、どれくらいの費用が必要になるのか』ということですね。

今回は終末期医療の上限額や、負担を減らす方法について説明していきます。
将来のことを考え不安を解消しておきましょう。

スポンサーリンク

終末期医療の費用は「高額療養費制度」を使うと上限が月44,400円になる

高齢になって体調を崩すと、専門の治療や入院・手術が必要な状態になると所得が少なくても高額な支払いが必要になります。

そんなときに使えるのが高額療養費制度。
高額療養費制度を利用することで、医療費を一定の金額にとどめられます。

負担上限額が決まっているため安心

高額療養費制度は、後期御高齢者医療費制度と同様70歳以上の高齢者が窓口で支払う医療費負担は1割と定められています。
医療費の負担上限額が44,000円(外来の場合は12,000円)なので、高額な医療費を請求される心配がありません。
所得が少ない方も所得額に応じて上限額も下がるため、安心ですね。

たとえば、70歳以上で実際の医療費が100万円かかった場合…
(1)窓口負担は10万円(100万の1割)
(2)上限額の4万4000円を引き10万~4万4000円=5万5600円
この5万5600円が高額療養費として支給されることになるので、支払い額は上限の4万4000円のみです。

高額療養費制度を上手く使って負担を減らそう!

高額日療養制度は上記で少し触れた通り、1か月の自己負担医療額が一定金額を超えた場合、超過分を払い戻しできる制度です。
自己負担額は年齢や収入で異なり、70歳以上の高齢者は1か月の自己負担が4万4000円に。
この制度を利用することで高額医療費の支払いを心配することがないため、長期入院や手術、専門的な治療を安心して受けられるというメリットがあります。

高額療養費の対象となる項目

高額療養費は保険適応の対象となる医療費のみに適応されます。
入院時の食費や保険外治療、室料差額などは含まれないため注意が必要。
また、請求してすぐに払い戻しができるというわけではなく、最低3ヶ月かかることも覚えておきましょう。

医療費の合算も可能

1回あたりの医療費の窓口負担は少額であっても、月に何度も病院を受診していると全体的な負担は大きくなってしまいますね。
高額療養費制度は一ヶ月でかかった医療費をもとにして計算するため、違う病院を受診した医療費の合算も可能です。

しかし、5月から6月といったように月をまたいだり、同じ病院内であっても歯科と医科・入院と外来は合算できないため注意しましょう。

世帯合算は同じ医療保険に加入している家族で

世帯で同じ医療保険に加入している家族間であれば、窓口で別々に医療費を支払っても合算が可能です。
家族間での合算金額が限度額をこえた場合、超過した金額が高額療養費として戻ってくるということ。

分かりやすくいうと、会社勤務している人の健康保険に家族も加入していれば、住所が異なっても被保険者と被扶養者の自己負担額は合算できるということです。
反対に、たとえ同じ住所であっても健康保険に別々に加入しているのであれば合算の対象にはなりません。

高額療養費制度の対象外になるのは「入院関連の諸費用」

高額療養制度は健康保険で負担できる項目のみが対象です。
病院での初診料や手術、検査、入院料、点滴などは適応されますが入院中の諸費用については適応外になるため、覚えておきましょう。

入院中の諸費用には
■入院中の食事代
■差額ベッド代
■日用品代
■病院への交通費
■先進医療費
が含まれています。

先進医療費でも診察や投薬・注射・投薬などの一般的な治療と共有できる部分には、保険が適用され高額療養費の対象に。

ちなみに家族に出産した人がいても病気ではないため、高額療養費の対象にはならずに全額自己負担となります。
ただし、帝王切開の場合は保険適応となるため高額療養費の対象になるので覚えておいてくださいね。

終末期医療の費用を抑えたいなら入院日数を減らそう

上でも説明したように、高額療養費は入院中の諸費用については適応されません。
そのため、終末医療費用を少しでも抑えたいと考えるのであれば、入院日数を減らすことが重要となってきます。

エンディングノートに自分の意思を残しておこう

現在健康であれば『自分は入院しない』と言えますが、残念ながらこのさき病気になり、自分での意思表示ができなくなる可能性も考えなければいけません。
そんなときでも家族に自分の思いを伝えることができるのが、エンディングノートです。

エンディングノートの医療の項目に
『万が一、自分が入院するような状態になっても医療費で家族に負担をかけないようにするために、〇〇の内容で入院を希望』
と自分の希望を記入しておきましょう。

確実に家族に伝えるためにも、エンディングノートに記入したらその存在を忘れずに家族に伝えておきましょうね。

高額療養制度の特徴を知り、上手に活用しよう

高額療養制度は終末医療費を軽減するために、欠かすことのできない制度の1つです。
制度を上手に活用することで、月々の医療費の大幅削減も可能に。
終末医療費を削減するには入院日数をいかに減らすかということが重要になるため、万が一のことを考え自分の考えを、エンディングノートに記入しておくことも忘れないでくださいね。