終活としての老人ホームの選び方-施設の種類と必要な費用も説明

スポンサーリンク

自分の老後を考えたときにふと頭をよぎる『老人ホーム』という言葉…。
万が一、自分の意思を伝えられなくなったとき、希望しているホームを子どもたちが選んでくれるとは限りませんよね。

希望を叶えるのはもちろん、家族が老人ホームを選ぶ手間を省くためにも、健康な間に将来の老人ホームを決めておきましょう。

今回は終活における老人ホームの選び方や種類についてご紹介していきます。
それぞれの特徴を把握し、希望するホームを決めていきましょう。

スポンサーリンク

終活における老人ホームの選び方と注意点

終活における老人ホーム選びにおいてまず最初に行うべきなのが「情報収集」。
情報は自治体の窓口に問い合わせたり、インターネットを利用したりとさまざまです。
知り合いで既に老人ホームに入居している方がいる場合は、直接聞いてみるのもよいですね。

老人ホームを選ぶときのポイント

自分の希望を明確にする

老人ホームは自分が老後、生活する可能性がある場所です。
立地や設備・イベントに力を入れている老人ホームが良い…といった、自分の中で譲れない条件や希望を明確にしたいもの。
希望を明確にすることで資料請求や実際に見学にいったときなど、より詳しくチェックすることができますね。

入居費用

老人ホームには大きく分けて公的施設と民間施設があり、公的施設のほうが入居費用は格段に安くなります。
それぞれの老人ホームの入居費用を詳しく知るには資料請求がおすすめ。

資料には入居費用はもちろん、支払い方法や退去時に返還金があるかどうかも記載されています。
これらの情報は電話や見学では詳しく知ることが難しいため、必ず資料請求を行い自分の目でしっかりと確かめておくことが大切です。

また、同じレベルの老人ホームでも都心と地方では、地方のほうが費用が安い傾向があるため予算に合わせて居住地も検討しておきたいものですね。

入居条件

どんなに自分の希望にピッタリの老人ホームであっても、入居条件に自分が当てはまっていなければ意味がありません。
老人ホームは施設によって要介護者しか入居できない施設と、介護が必要でない元気な人しか入居できない施設に分かれます。

老人ホームを探す段階で健康に不安がなければ、介護を必要としない方が入れる施設でも良いかもしれません。
その場合は、入居中に万が一介護が必要となった場合、どうするかといったことまで考えておきましょう。
自分だけで考えるのが困難な場合は家族と相談したり、見学に行った際に施設の人に質問してみるのも良いでしょう。

食事や施設の設備

自分が実際にその老人ホームで生活することを考え、食事や施設の設備面でストレスに感じる点がないかどうかのチェックも重要です。
費用は高くなりますが、まるで高級ホテルのような外観を思わせる老人ホームもあります。

設備面では、

◎入居予定の部屋や収納スペースの広さ
◎トイレ・洗面台・浴室が部屋に完備されているのか
◎部屋のカギや緊急通報装置の有無などのセキュリティ面
◎共有スペースに備わっている施設の種類

などを中心に確認しておきましょう。

食事も日々の生活を豊かにするのに欠かせません。
可能であるならば試食をしておきたいものですね。

スタッフの対応

老人ホームに入居後は、スタッフと過ごす時間が必然的に長くなります。
実際にホームに見学に訪れた際は、スタッフの対応や雰囲気もチェックしたいところ。
電話連絡したときのスタッフの対応も見逃せないですね。
自分と相性や雰囲気があうのかをしっかりと確認しておきましょう。

選ぶときの注意点

見学や体験入居には十分な時間を

人気の老人ホームはすぐに埋まってしまうからと自分が完全に納得しないうちに契約や入居をしてしまうと、後悔する可能性が高くなります。
老人ホームはこれから先自分が生活する可能性がある場所ですから、見学に十分な時間を割き体験入居ができるのならやっておきましょう。

体験入居は見学では分からなった部分が見えてくることもあり、老人ホームの雰囲気も分かります。
見学は可能であるならば朝・昼・夕方と時間帯を変えて数回行くのがおすすめ。
担当する介護士が変わるため、時間帯によってホーム全体の雰囲気も変わります。
それぞれの時間帯を見学し、老人ホームを決めるのに十分な情報を集めましょう。

できるだけ家族と決める

1人で勝手に老人ホームを決めてしまっては家族は寂しい思いをします。
自分が希望する老人ホームが自宅から距離があると、家族が面会に行きにくくなり疎遠となることも…。
自分の考えだけでなく家族の意見も取り入れて、双方が納得できるホームを選びたいですね。

入居者の表情も忘れずにチェック

老人ホームの見学に訪れたときにぜひとも注目してもらいたいのが、すでに入居している方の表情。
笑顔が多く楽しそうに過ごしているのであれば、安心ですね、
反対に入居者の表情が沈んでいたり入居者同士でのケンカが多いようであれば、別のホームを検討した方が良いでしょう。

終活として老人ホームの種類も知っておくのも大切

老人ホームは公的機関と民間企業が経営している施設に分類されます。
それぞれの特徴を理解し、自分の希望を決めていきましょう。

公的機関が運営している老人ホーム

特別養護老人ホーム

要介護3レベル以上で介護の優先度が高い高齢者を基本的に対象としています。
公的機関のため入居費用は安く、介護保険が適用され介護士と看護師がいるため安心です。

認知症の受け入れにも対応していますが、夜間は介護士が不在となるため医療行為を24時間必要とする方には不向きといえるでしょう。
要介護3レベル未満で入居を希望する場合は、自治体の許可が必要に。
非常に人気が高く、入居は順番待ちです。

介護老人保健施設

病院を退院したときの受け入れ先がない場合に利用でき、短期間の入居を前提条件としている老人ホームです。

入居費用は必要なく月額料金も低料金で、状況によっては65歳未満でも入居が可能。
リハビリや医療サービスも受けられますが、大半は相部屋で短期間の入居となります。

介護療養型医療施設

高齢者向けの老人ホームで、高度医療や専門医療を必要とするような高齢者でも入居可能です。
介護保険が適用され入居費用は必要ありませんが、希望する医療内容によって利用料が高額になる可能性も。
基本的に相部屋で、入居に対する難易度が高いのが特徴です。

ケアハウス

現在入居が困難なほど人気が高く、軽費老人ホームとも呼ばれています。
介護を必要としない自立型と、介護が必要な介護型に分かれます。
介護保険が適用され夫婦2人での入居も可能ですが、収入によって割高な費用になる場合も。

養護老人ホーム

介護は必要としないが経済的な事情で1人暮らしが難しい高齢者向けの施設です。

要介護1以上の認定を受けてしまうと退去しなければならず、所得制限もあるため定められた一定以上の所得を得ている場合は入居できません。
ホームでは社会復帰に向けての訓練が受けられますが、残念ながら施設環境には恵まれていないことが大半です。

民間企業が運営している老人ホーム

介護付き有料老人ホーム

民間の中でも『特定施設入居者生活介護』指定で、介護保険も適用されます。
介護スタッフが常駐しており介護費用も定額制で、料金体系が分かりやすいのが特徴です。

レクレーションも豊富でホームによってカラーが異なるので、より自分好みのホームを見つけやすいでしょう。
あくまで介護付きなので介護を必要としない方が入居した阿合は肩身が狭くなることも…。

住宅型有料老人ホーム

外部の訪問介護サービスを利用し、自立している高齢者を対象としている施設です。

ホーム内で行われるイベントやレクレーションを通して入居者同士が打ち解けやすく、介護が必要になった場合でも外部サービスの利用ができるため安心。

外部介護サービスを利用する場合は介護保険が適用されますが、上限を超えると高額な料金が発生することもあるため注意が必要です。
入居費用は全体的に高いといえるでしょう。

健康型有料老人ホーム

健康体の方しか入居できず、費用もかなり高額のため一般の方よりは資産家向けの施設です。

入居条件は厳しいですが、施設内で家事手伝いサービスやレクレーションも豊富で友人ができやすく、優雅で楽しい老後を送りたいという方にはピッタリ。
ただし、介護が必要になったときは退去する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅

介護スタッフの常駐はなく一般の賃貸住宅のような高齢者向けの施設です。
家事代行や食事補助サービスもあり、有料ですが希望すれば訪問介護サービスを受けることも可能。

入居一時金ではなく通常の賃貸のように敷金が必要となり、月額賃料は高額です。
介護度が高くなると退去しなければならず、サービス内容は施設によって異なるため十分に確認しておきましょう。

終活の老人ホーム選びは費用面も必ずチェックしておこう

老人ホームの月額料金は一般的には食費・管理費・家賃が含まれていますが、医療費や薬代・自身のお小遣いなどは含まれていません。
施設によっては水道光熱費が月額利用料に含まれる場合もあるため、事前によく確認しておくことを忘れないでくださいね。

各老人ホームの利用料は部屋タイプにより変動するため、より詳しい金額を知りたいときは直接ホームに問い合わせすることをおすすめします。
各施設の平均的な利用料をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

特別養護老人ホーム

公的機関が運営しており利用料は安価で、24時間介護体制ですが人気が高いため入居までに時間がかかります。

部屋タイプによって費用は変動しますが平均で、

◎賃料…25200~59100円
◎食費…41400円

上記の金額に、介護保険の1割負担が追加に。
オムツを使用している場合はさらに、おむつ代20000円前後がかかります。

介護老人保健施設

リハビリを行い入居者が1日でも早く社会復帰できるように支援しており、短期間の入居を前提としているため基本的には月額利用料のみです。

◎月額利用料…80000~170000円

介護療養型医療施設

基本的な介護サービスの提供はありますが、基本的には医療機関です。
月額利用料のみですが、症状が改善されれば退所を考える必要があります。

◎月額利用料…90000~170000円

ケアハウス

生活のために必要な最低限のサービスを受けることはできますが、自立した生活を送るための施設なので介護を必要とする場合は入居はできません。

月額利用料のほか、入居一時金が必要に、

◎入居一時金…0~数百万
◎月額利用料…100000~200000円

養護老人ホーム

所得制限があり1人で生活するのが難しい高齢者向けのため、入居一時金はありません。

◎月額利用料…0~100000円

介護付き有料老人ホーム

民間企業が経営しており施設のサービス内容によって、大きく費用が変動します。

必ず資料請求や見学などを行い詳細を自分で確認しましょう。

◎入居一時金…0~1億円以上
◎月額利用料…120000~400000円

住宅型有料老人ホーム

食事や掃除・洗濯といった生活援助のサービスが主で、入居一時金と月額利用料が必要になります。

外部の介護事業者を利用した場合、その利用料も追加になるので忘れないようにしましょう。

◎入居一時金…0~数千万円
◎月額利用料…150000~600000円

健康型有料老人ホーム

自立した生活が送れる健康な高齢者を対象としており、娯楽室や設備イベントなどが他より充実していることが多いのが特徴です。

入居一時金と月額利用料が必要になり、施設の立地や設備の充実によって大きく費用が変動します。

◎入居一時金…数十万~数千万円
◎月額利用料…100000~400000円

サービス付き高齢者向け住宅

老人ホームというよりは賃貸契約となり、介護を必要としない健康な高齢者を対象としています。

敷金・礼金・家賃が費用で基本的には介護サービスは考えられていません。

◎敷金・礼金…家賃の2~3ヶ月分
◎家賃…50000~250000円

それぞれの特徴を知り、希望の老人ホームを選ぼう

終活において老人ホームを決める最大のメリットは、家族が安心するということです。

自分が介護が必要になったときに慣れていない家族が介護を担当するのは双方が負担に感じてしまいます。
そんな場合でも老人ホームへ入居していれば、家族の負担を減らすことが可能に。

後悔やトラブルを避けるためにも、家族と十分に話し合って決めていきたいものですね。