終活にピッタリの生命保険の選び方-おすすめの保険は?

スポンサーリンク

終活をする過程で外すことのできない項目が生命保険です。
生命保険は残された家族のためにお金を残せたり、相続にも役立つ優れもの。

今回は終活におすすめの生命保険の選び方についてご紹介していきます。
現在の生命保険の見直しも含めて、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

終活における生命保険の選びで大切なのはこの3つ

終活で現在加入している生命保険の見直し、新規加入を検討するのであれば老後の人生を考えて生命保険を選ぶことが大切です。
特に若いときに生命保険に加入したまま、見直しをしていないという方は要注意。

今後訪れる老後ではいつ自分が病気やケガになるか分かりません。
また、自分だけでなく残された家族にプラスになる保険も魅力的ですね。
【終活における生命保険の見直しや選び方として意識したいのが、

1.生命保険に加入する目的を明確にする
2.新規加入する場合は、少額短期型を選択
3.自分の健康状態に不安がある方は、リビングニーズ特約を利用

という3点。

それでは具体的にどうすればよいか、みていきましょう。

まずは保険の目的を明確にするところから始めよう

保険は種類が多く仕組みが複雑なため素人が完全に内容を理解するのが難しい一面があります。
そのため加入時に生命保険のセールスマンが進めるまま、あまり考えもせずに加入したという方も少なくありません。

若いときであればそれほど問題ないかもしれませんが、生命保険の見直しをしないといざ病気や介護が必要になったときに、満足できる保障を受けられない可能性も…。

終活で生命保険を選ぶときはどんな目的で加入したいのかを明確にし、その希望にピッタリの保険を選ぶようにしましょう。

終身保険

生きている間は一生保障がつき、残された家族にまとまった金額を残せる保険。
自分の死後に特定の人物に高額のお金を残したい場合は、受取人を指定することで遺産相続にもなりますね。

引受緩和型医療保険

将来長期入院や介護の必要など自身の健康状態に不安を感じている方は、一般の医療・介護保険の加入が場合によって発症のリスクが高いという理由で断られることがあります。

その点、この引受緩和型医療保険は契約時の告知項目が緩和されているため、健康に不安を抱えている方でも加入しやすいというメリットが特徴です。

民間の介護保険

将来、要介護状態に万が一なったとしても、残された家族の金銭負担を軽減できるという内容の保険。
現在加入している保険に介護特約を付加したり、新たに主契約として加入するのも良いでしょう。

有料老人ホームに入居する場合は、入居費用にするといった使い方もできますよ。

変額終身保険

自身が加入している保険会社の運用実績によって解約払戻金や保険金が増減するのが特徴です。
リスクが高いのではないかと不安に感じるかもしれませんが、最低保証として基本保険金が保障されているので安心できます。

終身保険よりも死亡保障の料金が安いため、自分の死後の葬儀代や整理資金として確保しておきたい方におすすめの保険。

終活は少額短期型の保険がベター

高齢になってからの保険の新規加入は難しく、月々の保険料の支払いもバカにならないため、場合によっては保障額よりも払い込み金額が上回る可能性が…。
自分の葬儀費用くらいは確保したいが保険料は押さえたいという方におすすめなのが、少額短期型保険です。

少額短期型保険はその名の通り、少額・短期での保険加入が可能なため比較的加入しやすいのがメリットで葬儀保険とも呼ばれています。
しかし、新規加入する年齢が高齢になるほど年間の保険支払額は高額になるので加入時期には十分注意しましょうね。

葬儀保険は請求から支払いまでの期間が短く、身内に迷惑を極力かけたくない・自分の葬儀費用は用意しておきたいという方から注目を集めています。
いくつか人気の保険を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

千の風

加入時の手続きは「告知だけでOK」と、非常に手軽で85歳10か月までの方が新規加入できます。
最高100歳まで保障がつき、全6プランで月々1000円~のプランもあるのが魅力。
保険金も申請後翌営業日に原則支払われるため、葬儀費用の確保としても安心ですね。

死亡保険 おそうしき共済

医師の審査が不要で5つの質問に答えるだけで加入ができるので、持病がある方でも安心です。
50~300万まで全5つのプランがあり、自分のライフスタイルにピッタリの保障をチョイス。
新規加入は89歳までできるのも魅力ですね。
保険料はプランと加入時の年齢によって異なるので、加入前に十分検討するようにしてくださいね。

やさしい終活保険

新規加入は50~89歳までで、4つの質問に答えるだけで医師の診断書は必要ありません。
全4プランあり最安で女性は月額460円~、男性は月額740円~とお財布に優しいことから注目を集めています。
毎年更新があり、更新時の年齢で保険料が決定するのが特徴です。

リビングニーズ特約は付けておくべき

終活において生命保険に新規加入するときにぜひともつけておきたいのがリビングニーズ。
リビングニーズとは生命保険の契約者が医師から余命6ヶ月と宣告を受けたときに、生前に死亡保険金の一部を受け取れる特約です。

受け取れる金額の上限は3000万で、全てのケガや病気が対象となり全金額でなくそのとき自分が必要な金額のみを請求することができます。
リビングニーズ特約は無料でつけることができるので、保険を見直してついていなかった場合はぜひつけるようにしましょう。

リビングニーズ特約のメリット

1.保険金を使って残りの人生の思い出作りができる
余命宣告を受けたからといつまでも落ち込んでいるのではなく、気持ちを切り替えて今までタイミングが合わなくてできなかった趣味や家族旅行などを思いっきり楽しみましょう。
食事制限がなければ高級料理を家族と一緒に味わうのも良いですね。

今まで仕事が忙しく家族との思い出がほとんどないという方は、ぜひ残される家族のためにも思い出を作っておきたいものですね。
より家族の絆を深めるために映画のマネをして『死ぬまでにやりたいことリスト』を書き出し、家族と一緒に叶えていくのも良いでしょう。
余命6ヶ月と宣告されそれ以上元気でいても、返済する必要がないのも魅力ですね。

2.保険金を使ってより高度医療が受けられ、治療に専念できる
最先端の高度医療は高額なため、金銭面が問題で治療を断念したという方もいるでしょう。
そんなときでもリビングニーズ特約の保険金を利用すれば、諦めていた治療にも専念できます。
医療費の支払いに頭を悩ませている場合は、保険金で支払うという方法もありますね。

高度医療を選択しなくても現在の病室より高ランクの病室に移動、在宅医療を望む場合は保険金で治療に必要な設備を整えるのも良いでしょう。
少しでも闘病生活が快適になるような使い方をすることで、治療のストレスもグっと軽減されますよ。

3.受け取った金額は非課税となり、自由に使用できる
リビングニーズ特約で受け取れる保険金の上限は3000万円ですが、保険金の使い道に制限はありません。
また一度に3000万全てではなく、そのとき必要な金額分だけ請求でき保険金には税金が一切かかりません。

自分が寝たきり状態の場合は、3親等以内の親族であれば指定代理請求可能なので万が一のために決めておくと安心ですね。

リビングニーズ特約の注意点

リビングニーズ特約で契約者本人が保険金を受け取った場合は、税金はかかりません。
しかし、請求した保険金が契約者が死亡後も残っているとその残った金額に対して相続税が発生します。

相続税は基礎控除枠があるので、リビングニーズ特約の残りの保険金やそのほかの財産の合計額が基礎控除枠内であれば非課税に。
課税対象にならないように、先のことも考えて請求するのが賢明といえるでしょう。

終活のタイミングで生命保険を見直すのも大切

終活において生命保険を見直すときにポイントを決めて見直しをしていかないと、あとで満足できる保障がなかったという場合もあります。
見直したいポイントについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

月々の保険料

保険に加入したときは仕事をしいるためて支払いに問題はないですが、50~60代ともなると定年退職後も保険料の支払いが継続できるかということを確認しましょう。
月々の保険料が高すぎて負担になり、それが原因で体調を崩してしまっては意味がありません。

加入時の心配ごとだった、こどもの養育費や住宅ローンといった問題も50~60代になると落ち着いているのが大半です。
加入時と状況が変わっているにも関わらず見直しをしないと、高い保険料を払い続けることになるので損をしてしまいます。

掛け捨て・積み立てどちらか

積み立ては保障はもちろん、貯蓄もできるので高い人気があります。
万が一途中解約しても解約払戻金が受け取れますが、掛け捨てよりも保険料は高額です。

保険料が高いけれど金額が戻ってくる積み立てか、保険料は安いが解約払戻金が期待できない掛け捨て、どちらが自分のライフスタイルに合っているのか改めて見直してみましょう。

保障・支払い期間

終身保険は一生涯保障が続くため安心感があり人気ですが、保険料は高額傾向です。
定年後の人生として見直すのであれば、終身型より保険料が低い定期型を選ぶのも良いでしょう。

また、保険料を支払う期間も忘れずに見直しを。
終身保険の中には保険料の支払いを60歳まで行えば、その後保険料を払わなくても一生涯保障を受けられる場合があります。
支払いまであと数年というのであれば、他の保険に変えてしまうのはもったいないですね。

保険料の支払い期間が長くなれば保険料は安くなり、支払い期間が短くなると保険料は高くなります。
支払う保険料にばかり気をとらわれずに、いつまで保険料を支払えばよいのかといった点も忘れずに確認してくださいね。

生命保険の内容をエンディングノートに書くのも忘れずに

終活の一環として生命保険の見直しを完璧にしても、残された家族が知らなければ意味がありません。
死後は手続きが多くバタバタしがち…。
家族の負担を軽減するためにもエンディングノートに生命保険の内容を記入しておきましょう。

エンディングニートに記載しておきたい内容としては
◎加入している生命保険の会社名・担当者名・連絡先
◎契約している保険名・種類・内容
◎保険証券番号
◎保険証券の保管場所
◎指定代理請求人
◎保険金の受取人・金額・支払い満了期日

可能であるならば生前に保険会社の担当と家族が、顔合わせをしておきましょう。
担当者の顔を知っていることで、自分の死後の手続きがスムーズに進めることができますよ。

老後の人生にピッタリな生命保険を選ぼう

定年を控えた50~60代が生命保険の見直しをする絶好の機会です。

加入時と現在では状況が変わっています。
自分のライフスタイルに合った契約内容に見直すことで保険料の節約はもちろん、老後の人生を安心して過ごせるというメリットもあります。