終活の断捨離では何をすればいい?上手く進める方法と注意点

スポンサーリンク

過去何度か断捨離をしようとしたが失敗し、その後も進まない、
気が付いたら物が溢れどこから手を付ければよいか分からない…

働きざかりの年代は時間もとれず断捨離を断念しがちですが、50代ともなると時間に余裕が出てくる方も多いのではないでしょうか。

断捨離は力仕事なので体力のあるうちに進めておきたいものです。

今回は断捨離を上手に進める方法についてご紹介していきます。
注意点もふまえ後悔しないように作業を進めていきましょうね。

スポンサーリンク

終活における断捨離でやるべき項目とその意義について

終活における断捨離は残された家族の負担を軽くすることはもちろん、体力気力十分なうちに身辺整理をすることで残りの人生を楽しむといった、前向きな意味が込められています。
では、どのようなことをすれば良いのか見ていきましょう。

不要なものを持ち込まないようにする

私たちは無料で配られているものや値引きされている商品があるとつい、必要でなくても入手してしまいがちです。
断捨離を行ってもその習慣を改善しなければ意味がありません。

断捨離をするのなら、まず不要なものを家の中に持ち込まないという考えを徹底しましょう。

身の回りのものを整理する

長年生活していると自分では気づかなくても不要なもので溢れている…といったことが。
作業開始当初はものを捨てるのにためらうかもしれません。
自分にとって本当に必要かどうかを確認し、気軽に処分できるものから捨てて気持ちを少しずつ固めていきましょう。

終活で断捨離を行うメリット

残された家族の負担を軽くできる

亡くなった方の遺品整理は遺族が悲しみの中で作業を行うため精神的な負担はもちろん、膨大な量の遺品を家族で判断して処分するかどうか決めていかなくてはいけません。
その負担はとても大きく、時間もかかります。
自分が元気なうちに断捨離を行うことで残された家族の負担が軽くなります。

また、子育てがひと段落すると自分の時間に余裕がでるため、ものが増えがちに…。
部屋が狭くなったと感じるときも断捨離の時期ですよ。

部屋が片付き明るい気持ちになる

仕事が忙しいと片付ける時間がなかなか取れず、溢れるものを新しい収納家具を購入し収めるといったことを繰り返していませんか。
新しく購入するだけで捨てていかないと部屋は狭くなり家具で暗くなるということも…。

断捨離で不要なものを処分することで部屋が片付き、光も十分に差し込むようになり気持ちも明るくなります。

もので溢れかえっている室内は、高齢になるにつれ転倒の原因にもなるためスッキリさせたいですね。
ものが少なくなることで日々の掃除も簡単になりますよ。

終活の断捨離を上手に進める方法を一つずつ説明

断捨離はやみくもに進めても効率が悪く、途中で断念しがちです。
大まかでよいので全体の計画を立ててから、作業していきましょう。

成功率の高い断捨離方法を紹介するので、できそうな項目から手をつけてみましょう。

必要・不要なものを分類する

必要なもの・不要なもの・処分に迷うものと大きな箱を3つ用意し分類していきます。

今が使っていない家具や家電・長い間着ていない洋服や靴・壊れているもの。
これらは全て不要なものです。
ベランダに放置している植木鉢や水槽なども忘れてはいけません。

一度に全て行うのは大変ですので、今日は家電製品で明日は服飾類。
今日はこの引き出しで明日はその下の引き出しといったように項目を決めて作業を進めていきましょう。

処分に迷うものも1週間や1か月と期限を決めておき、その期間に使わなければ思い切って処分するとスムーズですよ。

不要なものを処分する

不要なものはどんどん処分していきましょう。
自治体のゴミ回収を利用すればお金がかからないから◎
あまりに大量に不用品がでて料金がかかっても良い場合は、不用品回収業者に依頼しても良いでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらったり、知人に譲るなどの方法も考慮して効率よく処分していきたいものですね。

身辺整理を行う

1.預貯金や株券・貴金属といった財産

断捨離はものを捨てるだけではありません。
保有している預貯金・株券・債券などはまとめてできればリスト形式にまとめておきましょう。

コレが難しい場合は証券会社から送付されてくる運用報告書を捨てずにファイルリングを。
金融口座を複数保有している場合は数を絞っておくのも良いでしょう。

自分名義の口座は死後凍結されてしまうため、状況に応じて自分の葬儀費用だけ現金を下ろし保管しておくのも良いですね。
現金を保管しておく場合は必ず、保管場所を家族に伝えておくのを忘れないでくださいね。

貴金属や骨とう品がある場合は、鑑定書があると相続を考える上で参考になります。

2.SNSのアカウントやパソコン・スマホのデータ

FacebookやLINEの普及で今では多くの方がSNSを日常的に使用しています。
SNS上の連絡先しか知らないという方も少なくないため、自分の死後そういった方たちに連絡をとってもらうためにIDとパスワードを書き出しておきましょう。
Facebookの場合、追悼アカウント設定をしておくと残された家族でアカウント管理が可能に。
使用していないSNSは退会処理をしても良いでしょう。

パソコンやスマホに入っているデータも見直しが必要です。
大切なデータや写真は万が一、機器が故障しても大丈夫なように印刷して紙としても保存しておくことをおすすめします。
日頃ロックをかけているという場合は、家族にも分かるようにパスワードを書き出しておきましょう。

3.形見として残したい物を選ぶ

時計や衣類など、日頃自分が使用しているもので子どもに形見として渡したい品物があれば、丁寧に手入れをして残します。
どの品物を誰に渡してほしいのかという内容を、リストに書き出しておくことも忘れないでください。

ただし、どんなに思い入れがあるものでも傷みが激しいものは残すのをあきらめ、処分してもらうようにしましょうね。

終活における断捨離のコツ

家族と相談しながら進める

断捨離を効率よく進めるコツは、1人で行わず家族と相談しながら行うことです。

自分にとって不要と思っていても、家族にとっては必要である可能性があります。
特に子どもと別居していて子どものものを整理しようとする場合は要注意です。
断捨離は自分のものだけにし、家族がびっくりしないように『終活を始める』と伝えておくことも忘れないでください。

家族と相談しながら行うことでお互いの状況を把握できるのはもちろん、コミュケーションが増え家族仲が良好になるというメリットも。
大きな片付けで手伝いが必要なときも頼りやすくなりますね。

断捨離を習慣にしていく

断捨離を始めたらぜひとも、そのまま習慣にしていきたいもの。
不要なレジ袋は断る・お財布に溜っているレシートを処分するといったことも断捨離の1つです。
小さなことから習慣にしていくだけで、ものが溢れずに快適な生活を送ることができますよ。

楽しみながら作業を行う

嫌々行っていたのではいつまでたっても、断捨離は終わりません。
自分なりの楽しみ方を見つけ、楽しみながら作業を行っていきましょう。

自宅を1軒全て断捨離を行うのは時間がかかります。
無理せずに自分のペースで進めていくのを忘れないでくださいね。

終活における断捨離の注意点

断捨離のコツをつかんでくると捨てることに抵抗がなくなってくるため、捨ててはいけないものまで処分してしまうこともあります。
注意点をふまえ、慎重に作業を進めていきましょう。

大切な書類は捨てない

◎土地や家の権利書・不動産購入時の書類
◎年金や保険証書
◎リフォーム時の書類

上記のような不動産や年金に関係する書類を捨ててしまうと、税金が多くかかる危険性があります。
書類の断捨離は時間がかかっても、内容をよく確認しながら行うことが大切です。

ローンがある場合は必ず伝えておく

住宅・車のローンなど負債がある場合は必ず家族にも伝えておくことを忘れずに。
知らないでいると家族が困る可能性があります。

趣味に関係するものは残しておく

時間がないからと今まで使ってこなかった趣味の道具まで処分してしまうのも避けましょう。
趣味は日常生活に彩りを与えてくれる大切なものです。
今は忙しくても定年後の人生に必要になる可能性があります。
処分してから後悔しないようにしましょうね。

断捨離を上手に行い老後の人生を楽しもう

断捨離は自分の人生にとって本当に必要なもののみを残していく作業です。
不要なものを処分し明るい気持ちで残りの人生を楽しんでいきたいものです。
家族のためにも重要な書類は別に保管し、その場所を必ずメモとして残しておきましょう。