散骨の手続き方法とかかる費用【個人・代行業者】別に説明

供養・お墓
スポンサーリンク

故人を供養する方法はいくつかありますが、生前望んでいた、お墓を建てる予定がないなどの理由で散骨する場合は、どういう手続きや方法があるのでしょうか?
散骨は費用のかからない供養方法だと言われていますが、具体的にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?

今回は散骨をするときに必要な手続きはあるのか?費用はどれくらいなのか?気をつけることはあるのか?などをまとめました。

スポンサーリンク

散骨を個人的にする場合は特に手続きの必要はない

今の日本では散骨に対して取り締まったり、逆に許可をする法律もないので、散骨をする際は役所に許可や申請の手続きは必要ありません。
最低限のマナーを守れば散骨しても大丈夫です。

ただ、遺骨を散骨場所まで持ち歩くことになるので、第三者に何をしているのか尋ねられた時にきちんと散骨しようとしている旨を説明できるよう、死亡届・死亡診断書・火葬埋葬許可証などの書類は持っていた方が良いですね。

骨の粉末化と散骨場所には十分配慮しよう

手続きは必要ないからといって、好きな場所に好きなように散骨して良いわけではありません。
散骨で大事なのは遺骨を粉末化することと、粉骨場所は最低限のマナーを守ることなので、その2つを説明します。

骨の粉末化は法律で決まっているので必須

散骨する時は遺骨を2mm以下の大きさになるまで粉骨(パウダー状にすること)をします。
遺骨をそのまま散骨して、第三者に発見された場合は「遺棄罪」に問われてしまう可能性があるので絶対に粉骨はしましょう。

粉骨は自分でもできますが、遺骨を粉砕する作業は思っている以上に精神的につらいので粉骨業者に任せる方が無難です。

散骨場所はルールとマナーを守ること

散骨を規制する法律はありませんが、撒く場所に地権者や建物の所有者がいたり、権利保有者がいる場合は許可が必要です。
ごく一部の市区町村では条例で散骨を禁止している場合もあるので、自治体へ事前確認もしておきましょう。

また、散骨場所に行く際は周りの人へ配慮として喪服ではなく普段着にしましょう。
喪服で人の多い散骨場所に行ってクレームに繋がった例もあるので注意して下さい。

散骨できる場所、できない場所を、◎(問題なく散骨できる)、△(条件によってはできる)、×(散骨できない)に分類したので参考にして下さい。

■自宅の庭→△
散骨したことがある人の体験談によると、故人が最も落ち着ける場所として自宅の庭に散骨している人が多いのですが、将来的に売却する予定があるのなら、トラブル防止のためにもやめておきましょう。
人骨を巻いた場合は物件売買の時に重要事項として記載する必要があります。

■海上→◎
海上散骨はトラブルが最も少ない場所ですが、個人で船を出して沖に出るのはなかなか大変なので難易度は高めです。
もし海上散骨をするなら、フェリーや何かの用事で船に乗った途中で散骨したり業者にお願いすると良いですね。

■海岸→△
海岸は管轄の自治体の条例で規制されていなければ散骨できますが、海水浴場や養殖場の周辺海域では禁止されています。
人目につかないようにするのがマナーで、海岸線から散骨する場合は防波堤の先からにする、人が少ない時間帯にするなどの配慮が必要です。

■山→△
山林の場合は所有者に問い合わせて許可をもらえば散骨できますが、山は少し複雑です。
山は国有地or自治体の所有地になっていることが多く、富士山が八合目から上と七合目より下で所有者が違っているように、山の途中から所有者が違うことがあって、わかりづらくなっています。
基本的に散骨できないことが多いのですが、取り締まる方法もないので弔いの意味も込めて登山して、山に散骨している方は多いです。

■公共の施設や観光地→×
所有者の許可なしで施設内や観光地で散骨することはできません。
公共施設やその敷地内、私有地、観光地、養殖場のある周辺の海などに散骨したい場合は必ず所有者に問い合わせて許可をとって下さい。

■散骨場→◎
島根県のカズラ島という場所に日本国内唯一の散骨場があります。
散骨費用はかかりますが、散骨するための場所なのでトラブルになることはありません。

散骨にかかる費用はいくら?

自力で散骨する時は、粉骨費+散骨場所までの交通費で散骨ができます。
多くの人が選ぶ海洋散骨の場合は、船のチャーター代が必要になります。

■遺骨を粉骨する費用
遺骨は必ず2mm以下のパウダー状にしなくてはいけませんが、実際に自分で遺骨をゴリゴリするのは精神的にかなりきついので、この作業は業者に任せることをお勧めします。

骨壷の大きさによって違いますが、相場は2万~4万円。

■散骨場所までの交通費
場所によっては泊まりがけで散骨する場合もあると思うので、この費用は人それぞれですね。

■海洋散骨の費用
海洋散骨は遺骨を海にまくのでトラブルになりにくい方法ですが、どこまで自力でやるのか?によって費用が大きく変わります。

【個別で船をチャーターして散骨する場合】
遺族のみで船をチャーターする場合、自分たちの予定に合わせて日程を決めたり、ゆっくりと散骨できますが、費用はその分高くなります。
相場は20万~40万円。

【複数の家族と合同散骨する場合】
複数の家族で船をチャーターして散骨すると船代は安くなりますが、乗船の人数制限や日程が限定されるなどの制限がつきます。
相場は10万円前後。

自力での散骨は割と骨が折れる…

自分で散骨すると費用はとても安くなりますが、実は思っているよりも大変です。
具体的には、

■粉骨作業は精神的につらい
■散骨場所の条例の確認が必要
■散骨場所に所有者がいないか調べて、所有者のいる場合は許可が必要
■自然環境に配慮が必要(ゴミは絶対に持ち帰ること)
■人的環境に配慮が必要(遺骨自体は環境汚染にならないけど、人の骨に嫌悪感を持つ人もいるため)
■散骨している雰囲気は出さない(特に散骨でリゾート地に行く場合は要注意)

などが、気をつけておきたい点です。

安く済むと思って実際にやってみると場所を調べたり、許可をとったりと意外に時間や手間がかかるので、時間的なコストを考えると業者にお願いする方がいいですね。

散骨代行業者に頼んだ場合にかかる費用は約5万円

散骨代行業者なら約5万円で海洋散骨をしてくれます。
代行業者の手続きは必要書類と遺骨の郵送ですむ場合が多いので、家の近所に業者がなくても特に問題はありません。

依頼するときに多くの業者で必要な書類は、

・依頼主の身分証明書のコピー
・遺骨証明書のコピー(火葬・埋葬許可証)

の2点で、後は業者規定の同意書や契約書を記入すれば手続きが完了します。

散骨はプロに任せる!おすすめの散骨代行業者TOP3

散骨業者の費用や特徴を調べておすすめの3社をランキング形式で紹介していきます。

第1位 まごころ散骨

まごころ散骨は、低価格な値段で東京湾と沖縄(名護)に散骨してくれる代行会社です。
千葉県にある店舗に持ち込むこともできますが、郵送で手続きができる「送骨セット」を無料で送ってくれるので遺骨の郵送がとても楽ちん。

郵送の場合は、送骨セットで遺骨を送り、粉骨と散骨をしてもらって、粉骨証明書と散骨証明書を郵送で受け取ります。

特に、
・散骨をしてあげたいけど、自分でやるのは大変
・船酔いをしてしまうので、船が苦手
・骨壷を運ぶのが重くて大変

という人にぴったりですね。

また、粉骨した遺骨を手元供養のために少量だけ残し、残りを散骨してもらうこともできます。

粉骨と散骨代行コースの料金は下記の通り。
(骨壷のサイズは9寸以下、重さ2.5kg以下)

■東京湾(毎月1回)\25,000
■沖縄(6ヶ月に1回)\35,000
■お墓に埋葬していた遺骨の乾燥料金
※散骨の前にお墓に埋葬していた遺骨は湿気を帯びているので、乾燥作業のために追加費用が必要です。

骨壷5寸(999g)まで:6000円
骨壷6寸(1kg)以上:12,000円
骨壷なしで直接埋葬していた遺骨:1kgあたり20,000円

■料金例:墓じまいのため、沖縄に粉骨+散骨代行をお願いする場合(骨壷サイズ7寸)
コース料金\35,000+乾燥代金\12,000円=\47,000

まごころ散骨は、遺骨の乾燥がいらない場合はコース料金のみで散骨することができるので、とても低価格なのが売りですね。

おすすめ第2位 Umie(海へ)

Umieは海洋散骨に特化していて、生前海が好きだった方の散骨にぴったり。
散骨する海域を7つから選べ、料金も一律でわかりやすいシステムです。

■Umieの代理海洋散骨の料金 \49,800(どの海域でも一律価格)

料金内に含まれるもの:
散骨・粉骨・乾燥作業料金・洗骨・引取料(発送代)・献花・献酒・骨壷処分など、申し込みをして遺骨の発送から散骨証明書の発送までにかかる一連の費用が全て含まれたパック料金です。

■散骨海域
海域は次の7つから選べます。
・東京湾 
・湘南海岸
・駿河湾
・伊勢志摩
・南紀白浜
・博多湾
・沖縄本島

どの海域を選んでも一律料金で散骨してくれ、追加料金がかからないので安心して散骨をお願いできますね。

OHAKO(おはこ)

OHAKOは15の海域から散骨場所を選べる海洋散骨代理店で、上記のUmieと同じく一律料金なので、追加で費用がかからず安心してお願いできます。
特徴は、散骨証明書と一緒に散骨当日の様子を写真に撮ってアルバムにしてまとめてくれること。

■OHAKOの代理海洋散骨の料金 \55,000(どの海域でも一律)

料金内に含まれるもの:
遺骨の発送費は利用者負担なので、それ以後の散骨に必要な全ての費用+散骨当日の写真料金が含まれたパック料金です。

■散骨海域
15の海域から選ぶことができ、どこに散骨しても同じ料金です。
・小樽
・小名浜
・大洗
・東京湾
・湘南
・駿河湾
・伊勢志摩
・南紀白浜
・大阪湾
・若狭湾
・博多湾
・天草灘
・鹿児島湾
・沖縄本島
・石垣島

多くの海域を選べるので、故人や遺族の意向に沿いやすいですね。

散骨は自分でも出来るけど業者に任せる方が安心!

散骨は自分できなくはないですが、費用と手間のことを考えると業者に任せる方がいいです。
(特に海洋散骨の場合は旅費が高くつくので…)

■自力で散骨した場合
費用;散骨場所までの交通費や宿泊費+海洋粉骨なら船代
時間;粉骨作業+散骨場所までの移動時間
※粉骨作業、散骨場所の確認、周りへの配慮など精神負担が大きい。

■業者に散骨を依頼した場合
費用;25,000~55,000円
時間;電話かネットで申し込み、遺骨を郵送するまで
※海洋散骨は業者にお願いするのが断然おすすめ。

散骨をしたくてもなかなか時間が取れない人も今回紹介した海洋散骨の代行業者なら、郵送で請け負ってくれるのでとっても便利♪
故人が海への散骨を希望しているのなら、ぜひ検討してみてください。