永代供養にかかる費用の相場はどれくらい?宗派による料金の違い

供養・お墓
スポンサーリンク

近年、後継者不足や家族に負担をかけたくないという思いから、永代供養が注目されています。
しかし、永代供養と一言で言っても種類が様々あるので、残された家族が調べなおすという手間を省くため、あらかじめしっかりリサーチしておきましょう。

今回は永代供養の相場について紹介していきます。
メリットやデメリットも説明していくので参考にしてください。

スポンサーリンク

永代供養にかかる費用の相場は5~30万円程度

永代供養は自宅と距離があってお墓の管理が難しい、後継者がいない、家族に負担をかけたくないといった方の代わりに、霊園や寺院が一定期間お墓の管理を行ってくれるサービスです。

永代供養の相場は5~30万円程度と言われていますが、種類によって供養方法が異なります。
まずはどんな種類があるのか、特徴を知っておきましょう。

合祀墓

■相場…5~30万円程度(霊園・寺院によって異なる)
■内訳…永代供養料3~10万、お布施3万程度、刻字料3~5万程度

永代供養墓の中でも最も知られているタイプで、故人の遺骨が多くの人の遺骨と一緒に納品されるのが特徴です。

墓石を個別に購入する必要がなく管理者が遺骨を一括で管理できるため、永代供養墓の中で最も手ごろな相場。
多くの人と一緒に遺骨を納めるので故人が寂しくないというメリットがありますが、遺骨を別に取り出すことはできません。

個人墓・夫婦墓

■相場…40万円前後(霊園・寺院によって異なる)
■内訳…永代供養料40万前後、お布施3万程度、刻字料3~5万程度

通常のお墓よりも墓石は小さくなりますが、個人または夫婦で入る墓石と区画を購入し、永代供養してもらう方法です。

一定期間が過ぎると合祀型と同じ供養方法になりますが、霊園によっては契約更新することで個人・夫婦墓のままで管理できる場合も。
契約期間は17、33、55回忌といったところが大半です。

墓石を立派にしたい場合は相場よりもかなり高額で、場合によっては100万以上になることもあるので、霊園や寺院によく確認するようにしましょう。

納骨堂

■相場…50万前後(納骨堂の広さや場所により異なる)
■内訳…永代供養料33万、納骨法要10万前後、刻字料3~5万程度

納骨堂はお墓のように外ではなく、建物内に遺骨を安置して供養する方法です。
独身者や身寄りのない方向けの1人用と、夫婦やその子どもまで入れる家族用に分かれます。

大半の納骨堂で契約期間が定められており、期間を過ぎると他の遺骨と合祀に。
契約期間は33回忌を区切りとするところが大半です。

集合型

■相場…10~30万
■内訳…永代供養料20万程度、お布施3万程度、刻字料3~5万程度

1つの墓石で納骨スペースが個別で設けられています。
集合墓も契約期間が定められており13、33回忌を目安に共同納骨室に移動になるのが大半。
お参りのスペースが共有となっていることが多いため、常にお供え物や花で賑やかという特徴もあります。

永代供養は宗派によって費用の相場が変わってくる

永代供養は霊園や寺院によって費用の相場が変わりますが、宗派でも異なります。
いくつか代表的なところをご紹介しますので、相場の参考にしてくださいね。

浄土宗

浄土宗は『南無阿弥陀仏』と口に出して唱えることで、必ず極楽浄土に往生できるという教えです。

観音寺 (京都府長岡市)

細川ガラシャゆかりの地でもあり、重要文化財にも指定されている十一面観世音坐像がある浄土宗の寺院。
納骨堂の合祀墓で初期費用は10万、管理費なしです。

真楽寺 (山梨県甲府市)

甲府昭和インター近くにある歴史ある浄土宗寺院で、過去の宗派は問いませんが契約後は浄土宗に宗旨に従う必要があります。
永代供養納骨墓と期限付納骨墓の2種類があり、期限付は3年と7年があり更新料3万で期間延長が可能。
初期費用は10~40万、管理費なしです。

永代供養納骨墓は生前予約も可能で1区画(墓石含み1人の場合)30万~
期限付納骨墓は3年納骨が1区画11万~、7年納骨が1区画16万~となっています。

浄土真宗

浄土真宗も『南無阿弥陀仏』と唱えますが、浄土宗とは異なり一心に唱えるだけでなく極楽浄土に往生するには、信心も必要だという教えです。

君津光明寺 無量寿堂 (千葉県君津市)

君津市で唯一、浄土真宗の寺院に建立された永代供養墓で自然あふれる境内が特徴です。
集合墓で骨壺に50年安置後に、骨壺から遺骨を取り出し合葬。
初期費用は38万、管理費なしです。

生前申し込み可能ですが、日本人のみという国籍条件があります。

浄土真宗東本願寺派 法輪山 寂円寺 (東京都文京区)

永代供養の室内・屋内型があり都心にありながら、安らぎのある近代的な浄土真宗の寺院です。
初期費用は20万~50万、管理費なし、納骨壇50万、分骨30万、合祀は一体20万です。

共同の墓誌に納骨者の名前を刻字でき、33回忌まで廟内の納骨壇に骨壺で安置可能。
それ以降は合葬となり、年5回法要が行われます。

日蓮宗

法華経と人との生き方を一体化させようとする、鎌倉仏教の1つとして知られています。

妙興寺霊園 樹林墓 (千葉県千葉市)

日蓮宗由緒寺院で、自然豊かな境内で土に自然に還ることができるといわれている合祀墓です。
初期費用は8~30万、管理費なし、1霊あたり8万です。
遺骨は安養袋で納骨されるため他の遺骨と混ざる心配がなく、年2回春秋に合同慰霊祭が開催。
檀家にならなくても購入できるのが魅力ですね。

新宿瑠璃殿 東京牛込瑠璃殿 (東京都新宿区)

日蓮宗の古刹 幸國寺が運営している、都心に位置する近代的な納骨堂です。

初期費用は75万~150万、管理費9000円、沙羅1名利用で永代使用料が75万です。
収蔵庫で33回忌まで納骨され、その後は瑠璃殿内で合祀され永代供養に。

瑠璃殿参拝時は近代的な造りで、ICカードをカードリーダーが認証し対象の瑠璃基が点灯します。
納骨堂はバリアフリーになっているため、車いすや年配の方でも安心して参拝できるでしょう。

曹洞宗

禅宗という座禅を主に精神修行をしていく宗派で、日本最大の寺院数を誇ります。

曹洞宗 青龍寺 納骨壇 (大阪府箕面市)

曹洞宗寺院にある仏壇式の堂内墓で、最寄りのバス停から徒歩5分という好立地が魅力です。
初期費用は30~40万、管理費なし、納骨壇の1段目が30万で2~最上段が40万です。

納骨壇がロッカータイプとなっているため、悪天候でも安心して参拝可能。
参拝時にお供えやお布施が必要ないため、いつでも気軽に訪れることができますね。

興禅院 (宮城県仙台市)

本来天台宗であったところ、朴沢加賀守が曹洞宗に改め開山し、曹洞宗となりました。
初期費用は10~15万、管理費はなし、壇信徒1霊あたり10万・壇信徒以外は1霊15万です。

合祀で別途護持会費5000円が必要に。
樹齢数百年の銀杏がある、格式ある寺院です。

天台宗

どの宗派と比べても違いが少ないという特徴を持ち、『すべての人は仏の子供である』という教えを前提にしています。

本覚寺の森 観音霊園 (神奈川県横浜市)

330年以上の歴史を持つ、天台宗本覚寺の境内にある公園をイメージさせる自然豊かな霊園です。
初期費用は30~60万、管理費なし、平和地蔵大菩薩永代供養墓の場合永代使用料50万、桜の墓の場合永代使用料50万・樹木管理費32万です。

遺骨は33回忌後に埋葬になり、樹木葬も可能。
木造建築の趣ある本堂では法要が厳修され、丁寧な供養を希望している方を中心に人気を集めています。

真言宗

歴史で有名な空海が開いた宗派で、曼荼羅的な思想を中心としています。

三蔵院 日の出の塔 (東京都足立区)

真言宗三蔵院の境内にあり、最寄り駅から徒歩3分という好立地が特徴です。

初期費用は10~30万、管理費なしです。
骨壺は1・7・13年と安置期間が選べその後は地下カロートに合葬に。
費用は1年10万、7年20万、13年30万です。

非常に気軽にできると注目を集めている永代供養墓です。

円東寺永代供養墓「木かげ」 (千葉県流山市)

平成24年に個人契約の合同供養・永代供養墓である『木かげ』が建立されました。

初期費用は15~50万、管理費なしです。
家族・親族がいる場合の契約者本人の生前契約では15万、家族・親族による遺骨契約の場合は15万で、諸事情で法要をしない場合は35万。

年に1回、合同供養が開催されています。

永代供養の費用面以外のメリットとデメリット

永代供養は合同墓の場合、墓石を購入する必要がないため費用を大幅に抑えることができるというメリットがあります。

契約時に永代供養料や入会費といった一式料金を支払えば、その後のお布施や管理費も必要ないところが大半です。

永代供養は費用でのメリットが特に注目されていますが、それ以外のメリット・デメリットも知っておきましょう。

メリット

・宗派・宗旨を問わず生前申し込みが可能な場合な霊園もある
・寺院や霊園に供養や管理を任せられるため、自由に参拝可能
・交通の便が良く自宅近くの墓地が入手可能

お墓の管理を霊園や寺院が行ってくれるため、残された家族の都合に合わせ自由に参拝できるので、家族に迷惑をかけたくないという方におすすめです。
交通の便が良い場所に建立されていることが大半で、駅から遠い場合は駐車場も完備されていることが多いのも魅力ですね。

デメリット

・合同墓の場合、遺骨の取り出しができない
家族や親族から理解を得られない場合がある

永代供養は近年注目されるようになってきましたが、世間にはそこまで浸透していないため家族や親族から理解が得られない場合があります。

合同墓の場合、1度遺骨を納めてしまうとその後遺骨を移動させたいとなったときでも取り出しはできません。
他の遺骨と一緒に供養されることに抵抗がある方もいるため、永代供養を決めるときは必ず家族で十分に話し合って決めるようにしましょう。

永代供養の特徴を知り、家族と話し合って決めよう

永代供養は個人墓を希望しない限りは墓石の購入が必要ないため、従来よりも費用を抑えることができ、家族に負担をかけたくないと考えている方や、後継者不足に悩む方からも大きな支持を得ています。

しかし、合同墓に遺骨を納めてしまうとその後取り出しはできません。
1人で決めてしまわずに家族と十分に話し合って契約をすることを忘れないでくださいね。