お焼香の正しいやり方【回数・作法・順位】恥をかきたくない人へ

葬儀
スポンサーリンク

葬儀にいくと「お焼香」を行いますが、作法や回数ってどうすればいいんだろう?お焼香をする順番って決まっているのかな?と疑問に思っている人や、何気なくしているけど作法があやふやかも?と不安な人もいますよね。
お焼香は”知ってて当たり前”な作法なので、あえて人に聞くのも恥ずかしく感じがちです。

今回はお焼香の正しい回数や作法、順番についてまとめました。

スポンサーリンク

お焼香のやり方《回数 編》宗派によるが1~3回が一般的

お焼香は
つまむ(抹香を右手親指・人差し指・中指の3本でつまむ)
おしいただき(つまんだ抹香を目の高さまで持ち上げる)
落とす(指をこすって抹香を香炉に落とす)

が基本的な動作で、宗派によって1回~3回繰り返します。
そこで、宗派ごとにお焼香の回数をまとめておいたのでチェックしておいてください。

■真言宗
おしいただきを3回

■日蓮宗
おしいただきを1回or3回

■日蓮正宗
おしいただき3回or1回

■臨済宗
おしいただき1回(しなくても良い)

■浄土真宗
おしいただきなしで、つまむ・落とすを1回

■曹洞宗
2回(1回目はおしいただき、2回目はおしいただかない)

■浄土宗
回数の決まりなし

■天台宗
回数・作法の決まりなし。

宗派によって回数やおしいただきの有無も違っているので、ひとまず自分の宗派の回数や作法は知っておきましょう。

お焼香のやり方《作法 編》立礼・座礼・回し それぞれのやり方

お焼香は
・立礼焼香
・座礼焼香
・回し焼香

の3種類あるので、それぞれの作法をまとめます。

【立礼焼香】
主に椅子席の斎場で行われる。

■一般参列者
1、祭壇に進んだら遺族に一礼し、焼香台の一歩手前まで進む
2、遺族と祭壇をみて一礼か合唱をする
3、宗派ごとの作法に従って1回~3回焼香を行う
4、遺影に向かって合唱して一礼
5、遺族の方を向きながら二、三歩下がって、遺族に一礼して席に戻る

■喪主
1、一歩前に進んで僧侶に一礼する
2、参列者に向かって一礼、遺族に一礼してから焼香台まで進む
3、遺影・位牌をみて一礼か合唱
4、宗派の作法に従ってお焼香を1回~3回行う
5、宗派の作法に合わせて数珠を持ち、合唱してから一歩下がって祭壇に一礼
6、参列者に一礼、遺族に一礼して席に戻る

■親族
1、祭壇にすすみ、遺族と参列者に一礼してから焼香台へ進む
2、遺影・祭壇をみて一礼か合唱
3、宗派ごとの作法に従ってお焼香を1回~3回行う
4、宗派の作法に合わせて数珠を持ち、合唱
5、遺影の方を向いたまま二、三歩下がり、遺族と参拝者に一礼

【座礼焼香】
主に畳敷きの式場で行われる。
立礼焼香と同じ手順ですが、焼香台への移動はまっすぐに立たず腰を落として、焼香中は正座をしましょう。

1、順番がきたら焼香台の手前に座り、遺族に一礼
2、遺影に向かって一礼
3、立ち上がらずに膝で焼香台へいき、合掌
4、焼香を1回~3回行ってから合掌をする
5、祭壇から下がり、遺族に一礼して立ち上がって戻る

焼香を終えたあとは立ち上がって戻って良いのがポイントです。

【回し焼香】
主に会場がせまい時に行う。
焼香台へ移動せず、焼香炉を回して焼香をする。

1、焼香が回ってきたら、一礼して受け取る
2、香炉を自分の前において祭壇に向かって合掌
3、宗派に従い、お焼香を1回~3回する
4、合掌してから一礼
5、次の人に回す

椅子席の斎場で回し焼香をする場合は、ひざの上におきましょう。

お焼香のやり方《順位 編》喪主→親族→参列者の順が一般的

お焼香の順番は故人と関係性の深かった人から行うのが基本。
そのため、喪主→遺族・血縁関係者→参列者の順になります。

父親が亡くなり、母親が喪主を務めて葬儀をした場合だと、焼香の順は母親→子ども→親戚→知人や友人の順にお焼香をしていきます。

親族のお焼香順で揉めるケースが実は多い…

実はお焼香の順番を間違えると「自分の方が先なはず」「なぜ自分が後回しになってるんだ」となり、今後の親戚同士の付き合いに影響するようなトラブルになることもあります。
なので、事前に順番を決めておくことが大事。

お焼香の順番を決めるときに考慮する点をまとめました。

・基本的に夫婦は一緒にお焼香へ進みますが、喪主が故人の妻や母の場合は、喪主である妻や母が先にお焼香をすることもある
・喪主の兄弟姉妹やその子どもは兄弟姉妹の年齢順の家族単位に行うのが一般的
・喪主の次男三男の前に、故人の兄弟や本家当主が先に行う場合も
・喪主の妻は血縁関係がないため、子どもの後になることもあります。
・内縁関係は、認められていれば籍が入っている状態と同じ順番になることがありますが、認められていない場合は一般焼香にするのが一般的

【親族焼香の例】
父が死亡したときに長男が喪主を務めた葬儀のお焼香の順番を例にします。
1、喪主(長男)
2、故人の妻or母
3、喪主の妻・子ども
4、喪主の兄弟姉妹とその子ども
5、故人の兄弟姉妹(おじ・おば)
6、故人の妻の兄弟姉妹
7、喪主の妻の親
8、喪主の妻の兄弟姉妹
9、喪主のいとこ(父方→母方の順に)

順番は明確なルールはないので、大切なのはお焼香の順番は家同士の付き合いになるので、親族の中でも影響力のある人と相談するということ。
後からトラブルになりそうになっても「〇〇さんと相談しています」と言うことができるからです。

また、有名な葬儀社を利用した場合は、お焼香の順番を教えてくれたり、相談に乗ってくれますよ。
たくさんの経験からアドバイスしてくれるので、安心できますね。

お焼香のやり方や回数は自分の宗派を確認すること

お焼香は「つまむ、おしいただき、落とす」を1回~3回繰り返しますが、宗派によって回数や細かい作法が違うので、自分の宗派の作法を確認することが重要。

葬儀に参列するときに相手の宗派の作法を取り入れると丁寧ですが、わからない場合は1回だけにしたり、自分の信仰している宗派の作法で問題ないので安心してください。

葬儀の進行状況や時間の都合でお焼香の回数指定がされることがありますので、その指示があった場合は従いましょう。

また、お焼香は順番が非常に大事。
絶対に正しい順番はありませんが、「故人と深い関係性だった順に行う」のが一般的な作法になるので、あとでトラブルにならないよう、話し合ってくださいね。

そして何よりも、一番大切なのは故人を想う気持ち。
形式を守るのも大事ですが、とらわれすぎて想いが薄くなると故人に対して失礼になってしまいます。
お焼香は故人を想いながらするようにしましょうね。