納骨堂を使うときの費用相場はどれくらい?購入の流れも説明

生前整理
スポンサーリンク

墓地に入るよりも納骨堂の方が安上がりだと思う…でも実際の費用相場が分からない。
納骨堂にも色々種類があるらしいけど、どのタイプ別の費用も知りたい。
納骨堂の維持費や管理費はいくらかかるの?
残された人たちにお金を使わせたくない!生きている間にお手頃な納骨堂を購入しておきたい。

今の時代、葬儀や埋葬を質素にして、生きている人たちが潤うように考えてあげるのが普通です。
そのためにも、自分の死後にはどれくらいの費用がかかるのか?をしっかりと把握しておかないといけません。
葬式は葬儀屋に安いプランを依頼しておくだけでOKですが、お墓に関しては墓地の確保や墓石の購入、定期的なメンテナンスなどを含めると軽く200~300万円はかかります。

このページでは、納骨堂の購入費用相場はもちろん、永代供養や管理費などの相場についても詳しく説明していきます。
あっ、これ安くていいな!と思ったら生前購入という手もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

納骨堂を利用するときの費用相場は50~200万円と幅が広い

納骨堂は民営と公営の2種類があり、立地条件や利用方法について費用も変わってきます。
まずはどのような様式・タイプの納骨堂があるのか?と、その相場をみていきましょう。

◇納骨堂の様式・タイプ別相場
・ロッカー式…10~20万円
同じ大きさのお壇がロッカーのように集合しているタイプ。
納骨堂によって参拝時にお骨を出してもらえたりと、様々なケースがあります。

・仏壇式…30~100万円(仏壇の規模や人数により変動)
仏壇が並んだようなスタイルの納骨堂で、上壇に仏壇・下壇にお骨の安置スペースがあります。
家族間での継承や遺影や花を飾ることもでき、霊廟型とも呼ばれています。

・位牌式…5~10万円程度
位牌のみを置くだけなので、リーズナブルに利用したい人に人気です。

・墓石式…100万円~(墓石の種類による)
屋内に個別に墓を建てるため、天候に左右されることなく参拝でき墓石に水もかけられます。

納骨堂の利用方法は
1.一時利用…納骨先が決まっていない場合に、一時的に利用
2.親族代々利用…墓地を利用せずに、親族で代々利用
3.永代供養…遺骨を納めた後に、定期的に寺院側で供養を行ってもらう利用法
の3種類に分けられ、利用方法によって相場費用も異なってきます。

永代供養は一定期間、納骨堂に納めると合祀する場合があり納骨からの年数によって、下記のように相場料金が変動してきます。
・1年毎契約…50000円~
・17回忌まで…50~150万円
・33回忌まで…50~200万円

利用料金相場には管理費として年間5000円程度が加算され、契約内容によっては割増料金として10万円程度が発生することもあるので、利用する寺院や霊園に事前に確認しておきましょう。

◇ロッカー式の相場
・一時利用(1年単位)…3000~10000円、管理費5000円~
・代々利用(33~50回忌)…1~20万(管理費含む)

◇仏壇式の相場
・一時利用(1年単位)…20000円~、管理費5000円~
・代々利用(33~50回忌)…30~100万(管理費含む)

◇位牌式の相場
・一時利用(1年単位)…2000~10000円、管理費3000円~
・代々利用(33~50回忌)…10万円程度(管理費含む)

◇墓石式の相場
・一時利用…一時預かりなし
・代々利用(期間の定めなし)…150万円~(管理費含む)

納骨堂の費用が変動する5つの要素

納骨堂の費用は、次の5つの要素で大きく変わってきます。
実際に利用することを考え、納骨堂を選ぶ際の参考にしてくださいね。

1.公営・民営のどちらが運営しているか
納骨堂は都道府県や市町村が運営している公営と、民間企業が運営している民営の2種類に分かれます。
それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

◇公営
自治体が運営していることから料金もお手頃で、高い人気があります。
〇永代使用料や管理費がお手頃
〇宗教が自由で、大規模な霊園が多い
×人気が高いため、利用するには居住期間の条件クリアや抽選になる可能性がある
×大規模霊園の場合、参拝時期によっては混雑する

◇民営
利用者のことを考え、きめ細やかなサービスが特徴です。
〇公営よりも申し込みしやすく、宗教も自由
〇会食施設や法要などが充実していて、参拝しやすい
〇立地が良く、バリアフリーのところが多い
×公営と比べると、昔ながらの安心感がない

2.永代供養の場合、合祀までの期間がどれくらいか
上の項目でも少し触れましたが永代供養の場合、合祀までの期間がどれくらいかによって料金が変動してきます。
一般的には33回忌を基準としているところが多く、17回忌までを契約すると少しですが割引ができることもあります。
更新が一年毎の場合、更新するほど割高になってしまうため合祀するタイミングや、利用料金をあらかじめよく調べておきましょう。

3.納骨堂の立地条件
最寄り駅から徒歩数分であったり、高速ICや国道から近く車でのアクセス面が良い納骨堂ほど、当然ですが利用料金は高くなります。
特に都心は地方と比べると、電車やバスといった公共交通機関が充実しているため割高傾向です。
しかし、料金面ばかりに気をとられて納骨堂を決めてしまうとアクセスが悪く、参拝の度に苦労する…ということになりかねないため十分注意してくださいね。

4.納骨堂に納める人数
納骨堂は中に納める遺骨の人数によって、料金も変動してきます。
一般的に全国平均で、納骨堂1人あたりの料金が50万円程度、家族や親戚と一緒に入りたい場合はその分利用料金も上がり、平均100~200万円ほど必要になるケースが多いです。
仏壇式の場合は基本的に1人1基になるので人数が増えるほど、使用するスペースも増え、利用料金はさらに高くなるというわけですね。

5.設備の充実面
納骨堂と一言でいっても、昔からある伝統的なものから最新設備が備わった納骨堂までと様々です。
墓石を利用するタイプのものは、見栄えが良く立派ですがその分値段も高く、遺骨の安置スペースがわずかな位牌型は見た目がかなり質素ですが、その分料金も安くなります。
あまりにも質素だと、故人に対して気が引けるという人もいるので、料金だけにとらわれず設備面は家族で話し合って決めていきましょう。

納骨堂の費用の内訳も知っておこう

納骨堂の費用は、大きく分けて次の4つの内訳があります。

◇永代使用料
遺骨の供養料金で、契約した遺骨の安置期間が過ぎ合祀されても、定期的に施設や寺院が供養をしてくれます。
遺骨を安置させる納骨堂の費用も含まれており、施設の立地や設備によって大きく費用が変動します。

◇戒名・彫刻代
戒名は故人が亡くなったあとに、住職が仏教の教えにそってつけてくれる名前ですが納骨堂の場合、戒名ではなく本名をそのまま使用しても構わないところが大半です。
もちろん、希望すれば戒名をつけてもらえますが別途費用がかかります。
納骨堂の墓碑に名前を入れたい場合も、彫刻代が発生します。

◇管理費
納骨堂の修繕補修や電気・水道代といった維持管理のために使われます。
機械を導入している納骨堂であればメンテナンス代としてもかかり、納骨堂の清掃や駐車場の維持管理費としても回されます。

◇お布施
納骨堂に納骨する際と、その後の年忌法要と2種類あります。
お布施はあくまでも気持ちですが、一般的には以下の料金が妥当と言われています。
・納骨時…1~5万円
・年忌法要…3万円前後

生前購入が流行っている!納骨堂を購入する流れ

納骨堂の生前購入は縁起が悪い、と思う方もいるかもしれませんが古来より生前購入は『寿陵』と呼ばれ縁起が良いとされており、最近では納骨堂の生前購入に注目が集まっています。

◇生前購入のメリット
納骨堂の生前購入は『縁起が良い』ということだけでなく、以下のメリットもあります。
・生前に余裕を持って選べる
・自分の希望に沿った、納得できる納骨堂が選べる
・相続対策としても使える

死後に自分の現金や不動産などを相続人に引き継ぐ際には相続税がかかりますが、例外としてお墓には相続税がかからないため、生前に自分で購入することで相続対策としても利用できます。

納骨は一般的に四十九日のタイミングで行いますが、死後に購入しようとすると遺族は悲しみが癒えない間に慌ただしく、納骨堂の契約をしなければなりません。
生前に購入しておくことで遺族の負担を減らすことはもちろん、自分の目で直接確認しながら選べ、万が一第一希望の場所が購入できなかったとしても、全員が納得して第二希望の納骨堂を購入できるというわけですね。

◇納骨堂購入の流れ
一般的に納骨堂の購入は、以下の流れで行われています。
1.どのような納骨堂があるのか、情報を集める(資料請求・インターネットを使用)
2.気に入った納骨堂を、実際に見学に行く
3.契約・料金の支払い
4.納骨

納骨堂を見学に行くときは
・自宅からのアクセス
・納骨堂の施設や設備・周辺環境
・境内や霊園内の様子
も忘れずに確認しておきましょう。

また、納骨堂の契約での必要書類は一般的に、以下の書類が必要になります。
・本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポートなど)
・住民票(本籍・世帯員記載で6ヶ月以内に取得したもの)※戸籍謄本の場合もあり
・認印
・金融機関の口座番号が記載されているもの(通帳)・認印(ローンでの支払いを希望する場合のみ)

契約・申し込み当日に手付金や緊急連絡先・家紋名称や写真などが必要になることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。
まれに、納骨堂の契約後さらに希望通りの納骨堂が見つかることもあります。
この場合は契約していても、キャンセルは可能ですが、キャンセル料が発生することが大半のため契約時には即決せずに、複数の納骨堂を見学してよく検討してから購入するようにしましょうね。

納骨堂は無理のない価格で納得のいくものを選ぼう

納骨堂は多くの種類があり、どのタイプ・利用方法を選ぶかで料金が異なってきますが、一般的には以下の料金が相場です。

■タイプ別 納骨堂の料金相場

納骨堂のタイプ 料金相場
ロッカー式 10~20万円
仏壇式 30~100万円
位牌式 5~10万円程度
墓石式 100万~

■納骨堂の費用が変動する5つの要素

  1. 公営・民営のどちらか…公営の方が料金はお手頃
  2. 合祀までの期間…1年契約は更新するほど、割高になる
  3. 立地条件…アクセスが良いほど、料金も高くなる
  4. 納骨堂に納める人数…人数が多くなるほど料金もアップ
  5. 設備面…設備が充実しているほど高め

■納骨堂の購入の流れ
資料請求やインターネットを使い、納骨堂の情報収集

気に入った納骨堂を、実際に見学に行く

申し込み・契約(必要書類を事前に確認しておく)

納骨

納骨堂は種類が多く、自分や家族が納得したものを探すのに時間がかかるため、余裕を持って生前に購入することをおすすめします。
生前購入することで無理のない予算範囲で決められ、自分の希望だけでなく家族の希望にも沿った納骨堂を購入できるでしょう。