生前葬の費用は20~120万円<生前葬のメリットや死後についても解説>

スポンサーリンク

生前葬という言葉を耳にしたけれど、なじみがないためイメージできない…という方も多いはず。
それもそのはず、生前葬を実際に行ったことがある人は、現在ではまだ少数です。

しかし、近年終活や相続に関してのニュースが多くなったことから、生前葬にも注目が集まるようになってきました。

そこで今回は、生前葬の費用やメリット・デメリットについて説明していきます。
一般的な葬儀とは異なるため、生前葬を検討している方は今後のためにも理解を深めておきましょうね。

スポンサーリンク

生前葬にかかる費用は?

生前葬は自分が生きているうちに、今までお世話になった方々に対し直接自分の口から感謝の気持ちを述べるという理由が大半で、行われています。
気になる費用面をいくつかの事例とともに説明していきますね。

生前葬の費用の事例

生前葬は使用する会場や行う内容が定められていないため、一般的な相場と呼ばれるものが存在しません。
しかし、小規模なものにすれば30万程度ですることも可能です。

一般的な葬儀の平均費用は200万といわれているので、生前葬をシンプルな内容にすれば節約にもなりますね。

◎事例1 レストランにて10名
司会者の手配・招待客へ主催者に関する小冊子のプレゼント付き…18万

◎事例2 葬儀社が保有する会館にて10名
祭壇製作費・会食代・自分史映像制作費込み…55万

◎事例3 ホテルにて10名
会食代・自分映像制作費・記録撮影費込み…120万

ホテル会場の使用やプロ演奏の導入などの希望が多くなるほど、費用も高く…。
葬儀社によって生前葬の費用が異なるため、後悔しないためにも必ず複数の葬儀会社から見積もりをとるのがポイントですよ。

生前葬は自由に内容を決められる

一般的な葬儀はある程度形式が決まっていますが、生前葬に関しては自分が主催者になるため内容も自由に決められます。
そのためパーティー形式やカラオケ・ビンゴ大会といったような内容も多く、葬儀というよりは結婚式や誕生日会のような明るい雰囲気で行われます。

葬儀とは異なり、会場に祭壇や棺はなく主催者の写真をパネルとして飾りその周囲に花々や今までの人生を象徴するようなアイテムで飾り付けをし、会場全体が華やかな印象に。
音楽や演劇に主催者が関係が深いのであれば、演劇祭にするのも良いですね。

一般的な生前葬の流れ

生前葬は自分が主催者となるのはもちろん、招待客として参加する可能性もあります。
一般的な葬儀とは形式が異なるため、最も行われているパーティー形式の生前葬の流れをご紹介するので、頭に入れておきましょうね。

1.司会者による開会の言葉
2.主催者からのあいさつ(このとき生前葬実施の経緯を話すとスムーズ)
3.あらかじめ作成・編集しておいた自分史の写真や映像を流す
4.事前に依頼していた来賓からのあいさつ
5.各テーブルを回り歓談・会食
6.事前に依頼しておいた友人からのスピーチ
7.余興(主催者本人やプロ・友人らの演奏や余興)
8.司会者による閉式の言葉

生前葬の余興や一連の流れとして、僧侶に実際に読経してもらいたい・棺に入ってみたいと実際に行う方もいますが、これらの行動は招待客からすると『悪趣味』と思われ不快に感じる方も少なくありません。
余興の内容には十分注意しましょうね。

生前葬を行う時の注意点

招待状には生前葬であることを必ず明記する

生前葬はまだまだ一般的に知られていないため、招待状を送る際は必ず生前葬ということを明記しておきましょう。
このとき、香典や会費の有無を記載しておくとさらに親切。
会費制にする場合は、一般的には1万前後で高くても2万円以下が相場となっているため、参考にしてくださいね。

参列者のためにドレスコードも明記

招待状にはぜひドレスコードも明記しておきましょう。
基本はホテル会場として使用するのであれば男性はダークスーツ、女性はセミフォーマルで。
ガーデンパーティーやイベント要素が強い内容の生前葬であれば、カジュアルでも良いでしょう。
喪服で参加してほしくない場合は、きちんと招待状で伝えておくのを忘れないでくださいね。

生前葬のメリットとデメリット

最近注目が集まるようになってきた生前葬にも、メリット・デメリットがあります。
生前葬を検討している場合はどちらの特徴も把握してから、検討することが大切ですよ。

生前葬のメリット

■自分がお世話になった人に直接お礼が言える
生前葬の最大のメリットは、なんといっても自分で直接感謝の気持ちを伝えられることです。
今までの人生でお世話になった人や感謝の気持ちを伝えたい人が同じ場所に集まってくれるので、療養中で外出が難しい方でも直接伝えられますね。
照れ屋の方は、普段なかなか口にできない感謝の気持ちを生前葬を利用して伝えるのも良いでしょう。

■自分の思い通りに計画できる
生前葬には定められた形式がないため、自分の思い通りに進行を組み立てられるメリットが。
カラオケが大好きであればカラオケパーティー、音楽にこだわりたいならライブを取り入れるといったように自分のカラーが出せます。

費用や進行も抑えたい部分は省き、こだわりたい箇所に回すといったことができるのも生前葬ならではですね。

生前葬のデメリット

■周囲の理解が得られない場合がある
残念ながら生前葬はまだそこまでは浸透していません。
一般の葬儀と異なり明るい雰囲気で行われる生前葬は不謹慎と思われがちで、参列者や家族・親類からは理解が得られない場合もあります。

決められた宗派に入っている場合は、事前にお寺と相談することも必要ですね。
生前葬を行ってもすぐに亡くなるとは限らないため、周囲の理解が得られない中で強引に行うのは避けた方が賢明といえるでしょう。

■葬儀が2回必要になる可能性も
社会的地位が高いと生前葬後に亡くなった場合、多くの弔問客が訪れ結局もう一度葬儀を行うという可能性があります。
また、家族と十分に話し合いが行われていない中で生前葬を行った場合は、残された家族が気持ちの整理がつかないという理由から一般の葬儀が行われる場合も…。

生前葬ではお世話になった方や親交のあった方を招待し、実際に亡くなったあとは家族の気持ちの整理のために家族葬、といったようにお互いが納得できるような形で話し合いをしておきましょう。
しっかり話し合いをしないまま生前葬を行うと、多くの費用や時間がまた必要になる可能性が高いため、注意してくださいね。

生前葬をした後に自分が死んだら葬式はどうなる?

生前葬を行ったあとに気になるのが実際に自分の死後の葬儀。
生前葬をしたことでどこまで省略できるのか?を見ていきましょう。

火葬は必ず行う

生前葬を行っている場合、家族や周囲の同意がある場合は告別式や通夜は省略することができます。
しかし、納棺・出棺・火葬・骨上げは最低限行わないといけません。
火葬や骨上げに親類を呼ぶ場合は、前もって相談しておきましょう。

自分の死後の葬式は残された家族の意思で変わる

生前葬は主催者が周りの人たちに感謝の気持ちを伝える場のため、葬式という概念があまりありません。
そのため、生前葬を行っても結局は家族が一般的な葬儀を行い、費用がさらにかかるということが大半です。

死後、葬儀を行ってほしくないときは、あらかじめ家族や親類と十分に話し合っておきましょう。
自分の気持ちだけでなく、残された家族の気持ちを考えて決めることを忘れないでくださいね。

生前葬の特徴を理解し、家族と相談して決めよう

生前葬は、今まで自分がお世話になった方に直接感謝の気持ちを伝えることができ、明るい雰囲気で行われます。

しかし、まだ一般的に浸透していないため周囲の理解が得られないことも多いのが現状です。

生前葬のメリット・デメリットをふまえ家族や親類とよく話し合い、双方が納得する形式で行うことが大切といえるでしょう。