戒名と法名の違いって何?それぞれの意味と値段について

供養・お墓
スポンサーリンク

葬儀を行うとき故人に戒名を授けるのが一般的ですが、戒名のことを法名という場合もあります。
また戒名や法名をもらうには費用が必要ですが宗派や寺院によって金額が違っているので、いくら必要なの?と悩む人も多いですよね。

今回は戒名と法名の違いや意味は?料金の相場はいくら?をまとめました。

スポンサーリンク

戒名と法名は使い方は同じだけど言葉の意味には大きな違いがある

戒名は、次の世で修行して仏になることを目指すためにつける名、法名は釈迦の弟子になり仏法を聞いて生きるという誓いの名前です。
これだけでは少しわかりにくいので、戒名と法名の意味を詳しく説明しますね。

■戒名とは?
戒名は戒律(かいりつ)を受ける名前。
戒律というのは修行者や僧が守らなければならないルールのことで、出家して仏門に入った場合に厳守しなければならないことを誡めるためにつけます。

戒名は本来生前につける名前ですが、煩悩の多い世の中で戒律を守って生きることは難しいですよね。
そのため、”次の世では仏になることを目指して戒律を守り修行をしましょう”という意味で死後に戒名を授かります。

■法名とは?
法名は戒律という考えを取り入れず、”仏の弟子になった証”として受ける名前です。
本来、法名は”釈尊の弟子として仏法を聞き生きていきます”という決意を表すので、生前に「帰敬式(おかみそり)」という儀式をして名前をいただくのが正式なもの。

ですが生前に帰敬式の機会がなかった場合は死後に、”故人が仏法を大切にして生きた徳”をたたえて、諸仏として浄土へいき極楽浄土で生まれ変わり仏になれるように願いを込めて名付けます。

法名は釈尊の弟子として「釈」の文字を入れた「釈〇〇」「釈尼〇〇」という名前を授かります。

戒名と法名は宗派によって構成(つけ方)が違う

戒名は基本的に漢字2字構成になっていますが、これは仏の世界には上下関係はなく平等ということを表していて、戒名以外に院号・道号・位号を付けて構成することが一般的。

ただ、実際は院号が付くかどうか?や位号に階級があったりなど、それに応じてお布施が違うので平等とはいえません。

宗派による戒名や法名の構成の違いをまとめました。

■浄土宗
男性:院号、誉号、戒名、位号(大居士)
女性;院号、誉号、戒名、位号(大姉)

■真言宗
男性:梵字、院号、道号、戒名、位号(居士)
女性;梵字、院号、道号、戒名、位号(大姉)

■曹洞宗・臨済宗、天台宗
男性:院号、道号、戒名、位号(居士)
女性:院号、道号、戒名、位号(大姉)

■日蓮宗
男性:院号、道号、日号、位号(居士、信士)
女性:院号、道号、日号、位号(大姉、信女)

■浄土真宗
男性:院号、釋号、法名
女性:院号、釋尼号、法名

それぞれの漢字の意味は下記で詳しく説明していきますね。

戒名に付けられる漢字の意味は?

■院号・院殿号
戒名の中で最高位の名。
生前、お寺を建てるほど寺院に貢献した、またはそれに相当する地位・身分・功績のある人に与える名です。

■道号
悟りを得た人の称号で、仏道を取得した特別な人に与える。

■法号(戒名)
戒名は身分に関係なく漢字2字で、仏の世界は平等だということを表します。
先祖から伝えられた漢字や、尊敬する人からもらった漢字を使うこともあります。

■位号
性別・年齢・地位によって変わる仏教徒の位のことで、いくつか種類がある。

・居士、大居士、大姉居士
成人以上の男女で出家はしていなくとも、仏教の知識・経験が僧侶並みにあるなど信仰が厚い人につける。

・信士、信女
成人のもっとも一般的な戒名で、多くの人は信士(男性)信女(女性)がつけられます。

・童士、童女
およそ15歳未満の子どもにつける戒名。(18歳ぐらいまで使う場合もあります)

・該児(がいじ)、該女(がいじょ)
就学前(4歳?6歳)の子どもにつける。

・嬰児(えいじ)・嬰女(えいじょ)
乳幼児につける名前。

・水子
流産、死産した場合につけます。

戒名はこのようにランクが決まっていて、生前の地位や寺院への貢献度によって決まるため好きに決められる名前ではありません。

生前戒名(生前法名)がすでにある場合の戒名はどうなる?

戒名は亡くなった後で菩提寺(先祖代々のお墓がある寺院)に依頼して授かるのが一般的な流れですが、生前につけてもらうこともできます(生前戒名)。
生きている間に葬儀をする生前葬には賛否両論はありますが、最近は終活の1つとして生前戒名を授かる人が増えてきています。

生前戒名を受けた人が亡くなった場合、その名を戒名として使います。

生前戒名のメリットや注意点をまとめて紹介していきますね。
■生前戒名のメリット

1、自分で納得のいく戒名を付けられる
自分で勝手に決めることはできないけど住職と相談しながら決めることができるので、自分の好きな文字を入れられるといったメリットがあります。

2、費用が安くすむ
大抵の場合、生前戒名は没後戒名より安い値段設定がされています。

■生前戒名の注意点
○菩提寺がある場合は菩提寺で戒名を受けること
生前戒名だけでなく、葬儀や納骨もそうですが、菩提寺があるのに違う寺院に依頼すると後々、菩提寺への納骨を断られたり葬儀からやり直しを求められるなど、トラブルの原因になるので注意しましょう。

分家(次男・三男など)でお墓がない人は自分でお墓を建てると思うので決まった菩提寺はありません。
その場合は自分の好きなお寺に依頼して大丈夫です。
トラブルを防ぐためにも菩提寺の有無を親に確認しておきましょう。

○生前戒名を受けたことを家族に伝える
菩提寺で生前戒名?葬儀までを済ます場合は住職が教えてくれるかもしれませんが、どの場合でも生前戒名を受けたことを自分の家族には知らせておいた方がいいですね。

戒名や法名の値段に違いはあるの?相場はいくら?

戒名の値段は決まっていないのでいくら包むか悩む人が多いようですが、基本的に故人や家系がどれぐらいお世話になっているのか?といった基準で自由に決めて構いません。

お寺によっては関係性にかかわらず「100万~200万の高額を提示してきた」といった声もありますが、本来お寺側から提示されることはありません。

相場額を調べてまとめたので参考にしてください。
■院居士・院大姉:100万円以上
■院信士・院信女:80~100万円
■居士・大姉:50~80万円
■信士・信女:30~50万円

故人が信仰に厚かったり、家系がお寺との付き合いが密接な場合は100万円以上包むのが妥当な場合もあります。
戒名の金額に悩んだときはお寺に相談してもいいですが、中立的な立場で話を聞いてくれ、葬儀にも慣れている葬儀屋に相談するのが良いでしょう。

戒名と法名は宗派の考え方の違い

戒名と法名は同じ使われ方をしていますが、

■戒名
宗派の戒律を守り実践する中で、限りある命をどう生きるのがよいか考え気づいていきましょうという捉え方

■法名
お釈迦様から受け継がれている仏法に沿って、限りある命をどう生きるのか考え気づいていきましょうという捉え方

といった違いがあります。

戒名や法名を授かる費用は故人が用意していなかった場合、遺族が支払うことになるので最近では費用の抑えられる生前戒名を行う人も増えています。
生前戒名も一つの選択肢として家族内で検討してみてくださいね。