互助会のメリットとデメリット<葬儀の備えにホントになるの?>

葬儀
スポンサーリンク

互助会とは葬儀だけでなく、結婚式といった大金が必要になる行事に備えるための会費積み立てシステム。
しかし互助会の解約騒動といったニュースが流れることも少なく、胡散臭いと疑いを持っている方も少なくありません。

今回は互助会のメリットやデメリットを紹介していきます。
加入を考えている方は、それぞれの特徴をしっかりと理解して決めてくださいね。

スポンサーリンク

互助会のメリットは「葬儀費用の積み立て」と「会員特典」

一般的な葬儀の全国平均費用はおよそ150万前後といわれており、この金額はいつ必要になるか分かりません。

互助会は上記のような突然の出費に備えるために、毎月決まった金額を積み立てていくシステムで正式名称を『冠婚葬祭互助会』と呼びます。

終活における互助会の大きなメリットは「葬儀費用の積み立て」と「会員特典」の2つです。
それでは具体的にみていきましょう。

互助会のメリット(1) 葬儀費用の積み立て

互助会での月々の支払は1000~5000円と数千円程度の少額で、20~50万程度を目安に積み立てていくのが一般的です。
積立金以上の金額(積立金が25万円の積立金をしている場合、50万相当のサービスを受けることが可能)のサービスを利用できるため、低価格で豪華な葬儀を行えるというメリットがありますね。
実際の葬儀ではそれまで積み立ててきた金額を葬儀費用にあて、不足分を支払うという形になります。

■互助会を使って36万で60万円の葬儀ができた例
月々の支払が3000円で、葬儀費用に60万必要となるが互助会に入会していたため特別割引で利用可。
60万のところ40%オフの36万で利用でき、葬儀会場の使用料も半額になった。

上記のように、互助会に入会したことで葬儀費用を大幅に削減できる場合が大半。
割引率は互助会によって異なるため、事前によく確認しましょう。

互助会は会員数が多いため、全ての人が同じタイミングで葬儀や結婚式を挙げることはありません。
会員全員で出しあったお金を使い必要な備品を利用していくという形になるため、低価格で豪華な葬儀を行いたいという方にはピッタリですね。

互助会のメリット(2) 会員特典

互助会は全国におよそ300社あり、各事業所によって会員特典があります。
いくつか紹介しますので、参考にしてくださいね。

くらしの友

デパートや専門店・テーマパークで割引あり
・提携している全国の温泉施設が会員料金で利用可
・デパート高島屋の商品(一部除く)が5%割引
・日本通運引っ越しサービス、基本作業料金20%割引
・富士急ハイランドが会員料金で利用可

互助会ドットコム

日帰りバスツアーや割引チケット、終活に関するサービスが魅力
・コンサートや観劇チケットが割引料金で入手可
・季節の果物狩りを含めた日帰りバスツアー
・割引料金で遺影撮影
・ベビー用品から介護用品といった幅広い生活用品が会員価格で購入可

サンリード

葬儀の実質的な割引や七五三や結婚式といったお祝い事の特典も豊富
・葬儀祭壇が一般価格より最大10万円割引
・葬儀時の送迎バスが無料
・霊柩車や遺影撮影料金の割引

互助会って怪しくないの?

互助会は経済産業大臣の審査を受け、営業許可番号を獲得した民間企業で割賦販売法上の『前払式特定取引業』に該当しています。

互助会は一民間企業が運営していますが、全互助会業者が経済産業省指導を受けており、資本金や財務状況も厳しく審査されています。
そのため、万が一互助会が倒産してしまっても互助会加入者は自身が払い込んだ掛け金の50%は国が保証し、他の互助会に加入するという仕組みになっているので安心して利用できますね。

しかし、互助会の中には強引な勧誘をするところもありトラブルが発生する場合も…。
ではどのように互助会を選べば良いのでしょうか?

互助会を選ぶポイント

1.途中解約する場合の解約料を調べておく
2.加入時には互助会を運営している企業の経営状況の開示を求める

互助会のトラブルで多いのが解約時の手続きや手数料。
途中で解約することも考え、解約手続きがシンプルかつ手数料が安いところを選ぶようにしましょう。

また、互助会に加入し契約金額を完納しているにも関わらず、家族がその存在を知らないため利用できなかったというケースもあります。
せっかく積み立てをしても利用しなければ意味がありません…。

互助会に加入した際は、必ず家族にも伝えておきましょう。
伝える機会がなかなか無い人は、エンディングノートに「互助会」に加入している旨をメモしておくといいですね。

互助会のデメリットは「葬儀の自由度が下がる」こと

互助会では『互助会プラン』があり、それを選ぶことで葬儀費用が安く抑えられるというところが大半です。
葬儀施設も互助会が提携している施設と限られているため、エンディングノートに自分の葬儀スタイルを記載しても希望通りいかない場合もあります。
もちろん、追加料金を払えば記載した内容の葬儀を行うことは可能です。

追加料金を支払って自分の希望を叶えるよりは、費用面を優先に限られたブランの中でより自分の理想に近い葬儀内容を選んだ方がメリットが大きいといえるでしょう。

互助会はどんな人に向いている?

1.ある程度大きな葬儀を行いたい人
互助会が提携している施設は設備が整っており、お金をかけられた重厚な施設が大半です。
通常だったら割高な葬儀内容も会員価格で実現可能なので、ある程度大規模で豪華な葬儀を行いたいと考えている方はピッタリといえるでしょう。

2.オリジナルよりも定番のパッケージプランがいい人
自分の個性をだすための祭壇のアレンジや棺のグレードアップなどのオリジナルを考えるよりも、決められている内容のほうが良いという人におすすめ。
用意されているプランに抵抗なく素直に受け止められる人にもピッタリですね。

3.葬儀費用を自分で貯める自信がない人
互助会では毎月一定の金額を積み立てていきます。
そのため、貯金が今までできなかった・葬儀の目標金額まで貯蓄する自信がないという人は加入してみると良いでしょう。

互助会の特徴を知り、賢く利用していこう

互助会は毎月一定の金額を積み立てていくことで、実際の葬儀費用に充てることができるシステムです。

加入することで通常よりも葬儀費用を安く抑えられたり、設備が整った施設で葬儀を行うこともできます。

会員特典も互助会によって様々なので、加入を考えている方は様々な角度から検討してみましょう。
加入した際は家族に伝えておくことも忘れないでくださいね。