親族への香典相場はいくら?渡すときのマナーや渡す範囲

葬儀
スポンサーリンク

20代ともなると、葬儀に参列する機会が増えてきますがそこで気になるのが香典の金額。
特に親族への香典の金額となると、いくらにすればいいのか…迷ってしまいます。
いざというときに困らないためにも、香典の相場やマナーを知っておきましょう。

今回は親族への香典の相場や、渡すときのマナーについて説明していきます。
社会人のマナーとして、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

親族(両親・兄弟・祖父母・叔父叔母)香典の相場はいくら?

親族へ渡す香典の金額は年齢や故人との関係によって金額が異なりますが、一般的な相場として
■20代…3000~5万円
■30代…3000~10万円
■40代…3000~10万円
となります。
親族の種類によって香典の相場が異なるので、詳しくみていきましょう。

親族の種類別の香典の相場

祖父母…20代1万円、30代1万~3万円、40代…3万~5万円
両親(義理の両親含む)…20代3万~10万、30代5万~10万、40代10万~
叔父や叔母…20代1万、30代1~2万、40代1~3万
弟姉妹(義理を含む)…20代3~5万、30代5万、40代5万
上記以外の親戚やいとこ…20代3千~1万、30代3千~2万、40代3千~3万

ちなみに祖父母が亡くなった場合、孫が未成年や両親に扶養されている立場なら両親が香典を出すため、孫は何もしなくて構いません。
ただ、社会人の場合は香典を出すようにしましょう。 
同年代の孫が複数いる場合は、『孫一同』と連名の形をとり同額を出し合うのも良いですね。

また、子どもが3人で両親が亡くなり長男が喪主を務める場合、喪主以外の子どもも香典が必要になります。

親族だからと油断してはダメ!香典を渡すときのマナー

香典は一般的に受付に渡しますが、渡すときにもマナーがあります。

包む金額

香典を包む金額は親族の場合、1万円以上が目安
故人との間柄によって金額が異なるため、上記を参考に適切な香典額を包みましょう。

また、自分の年齢や地域によって香典を包む金額が変わります。
地域による違いは相場感がなかなかつかめないため、いくら包めばよいか身内に確認しておくといいですね。

香典袋の表書き

香典袋の表書きは故人が加入していた宗教や、宗派によって異なります。

仏教…御霊前・御香典・御香料(蓮の花の絵がついている香典袋が利用可)
神式…御霊前・御霊串料・御榊料
キリスト教式…御霊前・御花料

故人の宗教が分からない場合は、どの宗派にも問題なく使用できる『御霊前』と記載を。
また、香典袋の文字は通常の筆ではなく、薄墨を利用します。
こちらも忘れずに覚えておきましょうね。

香典袋の表書き・名前部分

香典袋の下段には、会葬者である自分の名前をフルネームで記入するのが基本です。
結婚しており、夫婦で参列する場合は代表として夫の名前だけでも構いません。
しかし、夫婦2人とも故人と生前親しくしていた場合は夫の名前の横に妻の名前を記入し、連名で出すようにしましょう。

夫が出張で妻に代理で参列をお願いする場合は、中央に夫の名前を書き左下に『内』という文字を小さめに記入を。
会葬者名簿も同様に記入します。

中包みの書き方

香典袋の中包みには、会計係が香典額をスムーズに記入できるように、入れた香典額を記入するのが基本。
第三者による「改ざん」を避けるためにも次の漢数字で書きましょう。

■1…壱
■2…弐
■3…参
■万…萬
■円…圓

2万包む場合は『金弐萬圓』という表記になります。
金額の後ろに『也』をつける場合もありますが、これはつけなくても問題ありません。

中袋には金額と自分の氏名・住所を忘れずに記入しましょう。
地域によって袋の表に金額のみ記入することもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
中袋に記入する際も正式には筆ペンですが、通常のペンでも構いません。
香典返しやお礼状の手配で住所を参考にするため、誰が見ても分かりやすい文字で書くことが大切です。

中袋の包み方

中袋にお札を入れたら外包みの中央に置き、左→右→下→上の順番で包みます。
このとき上を下にかぶせるのがポイント。
不幸が早く過ぎ去ってくれますようにと意味が込められているため、間違えないようにしましょう。

ちなみに結婚式といったおめでたい慶事では、幸せを受け止められますようにという意味で、下を上にかぶせるので合わせて覚えておきましょうね。

香典を渡すタイミング

通夜や告別式に出席する場合は通夜、告別式にのみ参列する場合は告別式のときに香典を持参するのが一般的です。
通夜や葬儀に参列するたびに香典を渡すのは『不幸が重なる』ことをイメージするため、香典は自分が弔問するときの1回のみ。

香典は必ずふくさに入れて持参し、受付でお悔やみの言葉と一緒にふくさから取り出して渡しましょう。
このとき、受付から名前が読める向きで差し出すのを忘れないでください。
受付の用意がない場合は、遺族に直接手渡すか御霊前に香典を供えます。
ただし、遺族が前もって香典を辞退しているときは持参しないのが賢明ですよ。

香典に使用するお札

香典は新札を使わないのがマナーです。
これは新札を用意しておくと、まるで死を予想していたようにとらえられるため。
かといって、しわしわに汚れたお札も失礼になります。
相手に失礼にならないようにするためにも、新札に折り目をつけたものを用意するのが無難といえるでしょう。

お札の向きは一定方向にそろえ、中袋の裏に肖像画が向くように入れます。
お札の向きについては地域によって差がありますが、万が一逆向きだったとしてもそれほど失礼になならないため、安心してください。

親族への香典は「どこまで」が渡す対象となる?

両親や兄弟姉妹、祖父母は自分との関係性も深いため香典が必要です。
しかし、それ以外の叔父や叔母は『どのくらい親密な付き合いをしていたか?』で香典を渡すかどうかを判断しましょう。

全く付き合いのなかった叔父や叔母の葬儀で、香典を出すといってもピンときませんよね。
また、自分が知らないだけで周りの親族と両親との事情も関係してきます。
香典を用意する迷った場合は、自分1人で判断せずに周りの親族に相談して決めるようにしましょうね。

地域によって臨機応変に対応しよう

香典の有無や金額は、生前の故人との親しさによって異なります。
地域によっては葬儀のしきたりがある場合もあるので、迷ったときは必ず周りの親族と相談して臨機応変に対応していきましょう。

また、香典も大切ですが親しい親族な亡くなった場合は、できるだけ早くかけつけることも大切ですよ。