葬儀におけるお布施の相場はいくら?正しい渡し方も教えます

葬儀
スポンサーリンク

葬儀の時に僧侶へ渡すお布施ですが、金額が決まっていないので一体いくら渡せば良いの?と悩みますよね。
お布施は金額以外にも、僧侶への渡し方や知っておきたいマナーがいくつかあります。
今回は、葬儀におけるお布施の相場はいくらなのか?お布施の渡し方とマナーについてもまとめました。

スポンサーリンク

葬儀のお布施相場は20~50万円<関東と関西で金額がちがう>

お布施の相場は、2日間のお葬式で戒名や読経をしてもらった場合、関東近郊は約20万~35万円、関西近郊は約20万~50万円です。

かなり幅がある相場だな…と思われるかもしれませんが、お寺との関係の深さでも変わるので事前に確認しておいた方がいいですね。

お布施は僧侶やお坊さんのどんな行動に対して渡すの?

お布施は仏事の時、お経をあげてもらった読経料や一連の仏事でお世話になった謝礼として僧侶へ渡すのが一般的です。

ですが、実はお布施の本来の考えは違っていて、僧侶に渡すのでお経を読んでくれた労働費や謝礼の感覚になりやすいですが、実際は御本尊(宗教の信仰対象のこと)へ捧げるものです。

御本尊へ捧げたお布施でその寺院は維持されているので、間接的にお布施を渡す=御本尊をお守りするという意味があります。
お布施は明確な金額が決まっていませんが、いつも見守ってくださっている御本尊へ”感謝の気持ちを伝え贈り物をする”という感覚で捉えると良いですね。

葬儀におけるお布施の渡し方やマナーについて

お布施を渡す時に知っておきたい作法やマナーを紹介します。

■お布施の渡し方のポイント
お布施は直接手渡しするのはマナー違反。
小さなお盆や袱紗(ふくさ)の上に置いて渡しましょう。

お盆は切手盆や祝儀盆があれば一番良いですが、無ければ普通のお盆でも大丈夫です。
表書きの文字が僧侶から見て正面になるように向けて渡しましょう。

渡すときに、葬儀前なら「本日はお勤めをよろしくお願いします。些少ではございますがこれはお礼です。どうぞお納めください。」、 葬儀後なら「本日は御心のこもったお勤めをして頂きありがとうございました。些少ではございますがお礼です。どうぞお納めくださいませ。」と僧侶に一言伝えましょう。

お布施を渡すタイミングはいつがベスト?

お布施は葬儀の前に挨拶した時か、葬儀後に御礼を伝える時に渡すのが一般的です。
多くの場合は葬儀屋が挨拶のタイミングを設けてくれるので、その時に僧侶へ直接渡しましょう。

お布施の表書きと包み方もチェックしておこう

封筒の表書きや、包み方もいくつかマナーがあるので紹介します。

【お布施の包み方】
お布施は「奉書紙(ほうしょし)」と言う和紙か、白い封筒に包みます。

■奉書紙に包む方法
お布施は奉書紙で包むのが最も丁寧な作法になります。

包み方は、
1、半紙でお札を包んで中包にする(中袋を使用してもOK)
2、お札を包んだ中包みを、奉書紙のツルツルしている面が表になるように包んで完成

お布施は不祝儀ではなく感謝の気持ちになるので弔事の折り方ではなく、慶事の上包みと同じで、上側の折り返しを下側に被せて折りましょう。
奉書紙は文具店やネットで買うことができます。

■白い封筒に包む方法
奉書紙がない場合は白い封筒に入れてもマナー違反にはなりません。
どの宗教でも郵便番号欄のない無地の封筒にしましょう。

市販の封筒で「御布施」とプリントしてある封筒を使う場合は中袋なしで直接封筒にお金を入れても大丈夫です。
封筒は文具店、ネット以外にもコンビニでも買えます。

【お布施の表書きの書き方】
お布施は香典とは違って薄墨ではなく、濃い墨で書くのがマナーです。
表書きに「御布施料」とその下に喪主の名前を書き、中袋の裏側左に住所と氏名、右側に金額を記載します。

金額は最初に「金」と書いてから旧字体の漢数字で書きます。
(20万円なら金 弐拾萬圓、35万円なら金 参拾伍萬圓になります。)

【お札の入れ方】
お札(1万円)を入れるときは表書き側がお札の表になるようにし、福沢諭吉の書いてある方を封筒の口側にくるように入れます。

葬儀以外の法要のお布施相場もついでにまとめました

法要は葬儀以外にも、祥月命日・四十九日・一周忌・三回忌・納骨・お盆・彼岸があります。
法要の際は僧侶に読経を上げてもらってお布施を渡すことが多いので、葬儀以外のお布施の相場も知っておいた方がいいですね。

また、お寺ではなく式場や自宅に僧侶を呼ぶ場合、お布施とは別でお車代(5000円~1万円)を気持ちとして渡しましょう。

■祥月命日
祥月命日とは、亡くなった月日と同じ月日のことです。
お布施の相場は5000円~1万円。

■四十九日
亡くなった人は死後49日後に極楽浄土へ向かうとされているので僧侶を呼んで四十九日法要をするのが一般的です。
お布施の相場は3万~5万円。

■一周忌
故人がなくなってから1年後の祥月命日が一周忌です。
親族だけでなく、知人や友人も招いて法要します。
お布施の相場は3万~5万円。

■三回忌
三回忌は親族以外の故人の近しい人が参列する最後の法要と位置付けられている法要です。
お布施の相場は1万~5万円。

■納骨
お墓や納骨堂に納骨する際は、読経をしてもらうのでお布施を渡します。
お布施の相場は3万~5万円。

■お盆
初盆は親族も招いて僧侶に読経してもらう法要をします。
その後は身内のみで供養します。
初盆のお布施の相場は3万~5万円、毎年のお盆は5000円~2万円。

■彼岸
お彼岸は春分の日、秋分の日を挟んだ前後3日間のことで先祖を供養します。
お寺が行なっているお彼岸法要(合同法要)のお布施は5000円~1万円、個別で供養してもらう場合のお布施は3万~5万円が相場。

お布施は相場を参考に、”お気持ち代” として渡しましょう

お布施は読経をお願いした僧侶に渡すので対価として捉えがちですが、本来は御本尊へ捧げ、お守りするための献上品です。

渡し方や包み方など、基本的なマナーは必要ですが、読経で供養をしてもらっている僧侶への感謝として捉える方が、いくらかかるの?と思うよりも気持ちがいいですね。
相場を参考にしながら、気持ちよく包める金額をお布施として渡してください。