お葬式・お通夜における数珠の使い方マナー【正しい持ち方・選び方】

葬儀
スポンサーリンク

数珠は法要のときに必要な仏具ですが、宗派によって形や大きさ、持ち方が違います。
また、数珠を使うときのマナーもいくつかあります。

急に必要になったときに慌てないように、今回は数珠の使い方は?どんな数珠を用意すればいいのか?数珠を使うときのマナーはどんな事なのか?についてまとめました。

スポンサーリンク

お葬式やお通夜で使う数珠のマナー《持ち方・使い方 編》

数珠の使い方や作法は宗派ごとに違いがあり、決まりごとがあります。
使い方や持ち方を各宗派ごとにまとめたので参考にしてください。

真言宗

■数珠
真言宗は他の宗派に比べ、数珠を重要視する宗派!
数珠の形は、主珠108個・親玉2個・四天玉4個の二重タイプで、長い一連の数珠を二重にして使うことから「振分(ふりわけ)数珠」と呼ばれています。

男女ともに同じ形で大きさだけが違う数珠を使い、合唱した時に数珠をすり鳴らして使うのが作法。
数珠を「する」というのは、108の煩悩をすり砕いて、清浄な慈悲と知恵を磨くとされています。

■持ち方
・合掌のとき
数珠を両方の中指にかけ、そのまま手を合わせます。
自分の行の場合は房を手の平の内に入れて包みこむように合掌。

・持ち歩く、座っている時
親玉を上にして左手でもち、二重にしてかけて房を握るようにして持つ。

浄土宗

■数珠
浄土宗の数珠は108玉ではなく、2つの輪を交差させて1つに繋いだような独自の形が特徴で、「日課数珠」「百八数珠」「荘厳数珠」があり、一般的には日課数珠を使う。

男女で玉数と大きさが違っていて、男性用は「三万浄土」女性用は「六万浄土」とも呼ばれます。
浄土宗では数珠を手のひらの間でガチャガチャさせないように気をつけましょう。

■持ち方
・合唱するとき
合掌した手の親指と人差し指の間にかけ房を手前(自分側)に垂らします。

・念仏を唱えるとき
副玉が入っていない方の輪を、左手の親指と人差し指の間にかける→副玉が入っている方の輪は、左手の人差し指と中指にはさみ、念仏を唱える→副玉の入っていない方の玉を念仏の度に親指で手前に手渡しするのが作法。

・合掌していないとき
左手の手首にかける

浄土真宗

■数珠
数珠の数や形に決まりはありませんが、一般的に主珠108個・親玉2個・四天玉4個の入った長い一連数珠を二重にして使います。
男性は片手数珠を使うのが作法。

数とりができないように房が「蓮如結び」になっていることが特徴で、房が蓮如結びになっているのは、浄土真宗が煩悩具足そのままで救われるという教えで、数珠を繰って煩悩を消す必要がないからです。

■持ち方
浄土真宗は本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)で持ち方が違います。

・西本願寺
左手に房を下に垂らすように二重に巻いて、そのまま右手を合わせる。
数珠を持つときは左手に房を下に垂らしてもつ。

・東本願寺
両方の親玉が上にくるように二重にまき、両手の親指と人差し指の間にはさむ。
房は上から下に垂らすこと。

日蓮宗

■数珠
日蓮宗の数珠は大きく分けると、一般的に使う「動行数珠」と僧侶や法要の時に使う「装束数珠」の2種類。
主珠108個を繋げた二重タイプで、煩悩を消して身を清める意味があります。

日蓮のお題目「南無妙法蓮華経」を唱えるさいに数をかぞえるために用いて、10回操ると1000回のお題目を唱えたことになります。

■持ち方
・お題目を唱えるとき
輪を八の字にねじり、3本の房の方を左手の中指に、2本の房の方は右手の中指にかける合唱する。

・持ち歩くとき
左手に二重にしてもつ

曹洞宗

■数珠
曹洞宗の数珠は主珠108個で金色の輪が通っているのが特徴。
煩悩を引き受けてくれる仏様が108尊いて、数珠の効果で煩悩を消して身を清めるご利益があるとされているため本式数珠を持つのが一般的です。

※本式数珠・・・それぞれの宗派の正式な数珠

男女の数珠は玉の形状や並びは同じで、男性用は紐房、女子用は頭付房が付いています。

■持ち方
・合掌のとき
数珠をひとひねりして二重にし、親玉が左手の人差し指の上になるようにおき、合掌する。
房はたして握っておく。
曹洞宗は禅宗なので念仏や題目より座禅を重んじるので規定は緩めですね。

・持ち歩くとき
二重の状態で左手にかけて軽く握る。

臨済宗

■数珠
作りや房は曹洞宗と同じですが輪はありません。

■持ち方
数珠を二重にして左手にかけ、房は下に垂らし、右手を添えるように合掌します。
曹洞宗と同じように座禅を重んじているので作法は厳しくありません。

天台宗

■数珠
主玉は108個で、主玉はそろばんのような形になっているのが特徴。
サイズが3つあり男性用の「9寸サイズ」女性用の「8寸サイズ」僧侶が持つ「大平天台」があります。

■持ち方
・お参りのとき
両手の人差し指と中指の間に数珠をかけて合掌し、房は下に垂らします。

・持つとき
数珠を二重にして、親玉を上にして左手持ちます。
房は小指側に寄せておきましょう。

お葬式やお通夜で使う数珠のマナー《数珠の種類 編》

数珠といっても様々種類があります。
宗派ごとに違う「数珠の特徴」をまとめたので参考にしてください。

真言宗

・親玉から数えて7個目、21個目に四天という小さな玉がついていて、裏表2本ずつの房がある。(これはお経を7回、21回、54回、108回唱える行があるから)
・振分(ふりわけ)数珠とも呼ばれている。

浄土宗

・2つの数珠を組み合わせた二連で輪違いに組み合わさっている構成が特徴。
(二連の輪違位になっている理由は念仏の数をたくさん数えるため)
・房に二連の金属製の輪がついている
・一連は27玉。もう一連は20玉or40玉

浄土真宗

・煩悩具足で救われるという教えなので数珠を繰って煩悩を消さない
・片方の房が「蓮如結び」で結ばれ、数取りができないようになっていて、もう一方の房は20個の弟子玉がついている

日蓮宗

・親玉が2個ついている
・房が片方に2本、もう一方には3本ついているのが特徴
・房3本のうち1本に10個の弟子玉がついていて、この玉でお経の数をかぞえる
・5本の房はそれぞれが人体を表しているとされている

曹洞宗・臨済宗

・曹洞宗と臨済宗の数珠は似ていて、一連の数珠に1本or2本の房がついたシンプルな構造。
・曹洞宗でだけの特徴は、数珠に金属の輪が通っていること。
・禅宗なので、お経をおあげる機会が少なく、正式な数珠を持っている人は少なめ。

葬式に参列するときは、基本的に「信仰している宗派にあった本式数珠」を用意しましょう。
信仰宗派が決まっていない場合は、宗派を問わず使える略式念珠があります。

宗派とかちょっとよく分からない…そんな人は略式念誦がオススメ

略式念珠は、どの宗派でも使える本式数珠より少し小さめの一連の片手数珠。
玉の数は20?40個が一般的で、色は黒色が多いですが、特に決まりはなく自由度の高い数珠です。

種類がたくさんあるので、価格・玉の素材・デザインなど気にいるものを購入しましょう。

お葬式やお通夜で使う数珠のマナー《忘れたとき 編》

基本的に数珠は、貸し借りをしてはいけません

理由は2つあって、1つ目は数珠は持ち主の”分身”とされていて、お守りでもあること、もう1つは数珠は持ち主と仏をつなぐ道具とされているからです。

忘れた場合は、数珠なしで参列するのが無難な選択。

数珠は個人の念が入る仏具なので、諸事情で人から数珠を譲ってもらった場合は浄化の意味もこめて、紐を通しかえたり、房を交換して使いましょう。

数珠の持ち方(使い方)や選び方は各宗派によって異なる

各宗派別にどんな数珠をどのように使えばいいのか?を一覧表にしてまとめました。
是非、参考にしてください。

宗派別 数珠の使い方と種類

ただ、数珠は仏様と縁を繋いだり、自身を守るお守りになる大切な仏具なので、他の宗派の葬儀に参列するときに自分の宗派の本式数珠を使っても問題はありません。
あまり気しないようにしましょう。

また、数珠の貸し借りはマナー違反となるため、自分専用の数珠を用意しておくことが大事です。
数珠の選び方や使い方に困ったときは、自分の宗派の決まりごとを確認しておきましょうね。