日本初「ドライブスルー葬儀場」は長野から!高齢者には嬉しい?

葬儀
スポンサーリンク

ドライブスルー葬儀は最近長野県の葬儀場で導入された、葬儀を簡略化し車から降りずに参列できる新しいサービスです。

”ドライブスルー”と”葬儀”はなかなか結びつきませんが、きちんとしたコンセプトや目的があって生まれた方法で、ただ単純に簡略化したわけではありません。

今回はドライブスルー葬儀はどういう内容なのか?何のために作られたのか?を調査してまとめました。

スポンサーリンク

日本初のドライブスルー葬儀場《シュールだけどコンセプトは真面目》

ドライブスルー葬儀は介護を受けていたり、障害があって葬儀に行きたくても誰かにお世話をお願いしないと行けない、といった人のために長野県にある葬儀場で開始されました。
参列者はドライブスルーという名前の通り、車で斎場に来ると受付?焼香までの一連の手続きを車から降りることなく済ませることができるようになっています。

ドライブスルーと聞くと、ファストフードやカフェなどの大手チェーンを想像する人が多いと思うので、”お葬式をドライブスルーで参列する”と聞くとシュールな図が思い浮かびますよね。

ですが実際は、高齢者や障害者の「行きたくても行くことができない」といった声を受けて故人のために1人でも多く葬儀に来てほしいという想いを実現させたサービスです。

ドライブスルー葬儀場は高齢化社会にとっては画期的なサービス

ドライブスルー葬儀は、専用の窓口の受付台でタブレット端末で名前・住所を記帳して香典をスタッフに渡し、火を使わずにできる電熱式の焼香を行います。
車の中にいても窓越しで遺影が見えるようになっていて、場内にいる喪主や参列者は、ドライブスルー参列者が来たことをランプで知ることができ、受付?焼香の様子をモニター画面で確認できるシステム。

正直、こういったドライブスルー葬儀に対して「不謹慎だ」「ドライブスルーで参列はおかしい」という声も上がっています。

ですが、超高齢化社会の日本は、足が不自由・腰が悪くて歩きづらい・介助がないと身の回りのことが不自由といった人は葬儀へ行きたくても、ヘルパー不足で依頼できない、仕事を休んで付き添える身内がいないといったケースが多いんですね…。

また、お年寄り本人が周りに気を使って葬儀に行くことを申し訳なく感じてしまう場合もあります。
そういった悩みを抱えた高齢者でも葬儀に参列しやすく、付き添う人の負担も非常に少ないサービスとして導入されたのがドライブスルー葬儀です。

今まで重んじてきた葬儀マナーからは外れますが、「葬儀に行きたい」という声を尊重した、いまの日本に合ったサービスだと言えるでしょう。

ドライブスルー葬儀場のデメリットは?

ドライブスルー葬儀は、葬儀を軽んじて簡略化したのではなく、行きたくても色々事情で行けないと思っている人が1人でも多く参列できるようにと導入されたサービス。

そのコンセプトを理解して利用する分には、遺族側も参列者もデメリットはありませんが、物珍しさからの話題作りや葬儀を手軽に済ませたいといった気持ちで利用する人が出てくると、それは故人への冒涜になります。

なぜドライブスルー葬儀が導入されたのか?という理由をきっちりと認識してもらった上で利用してもらえるよう、故人を弔う気持ちを尊重したサービスとして浸透していけるかが今後の問題だといえます。

また、ドライブスルー葬儀に並ぶ参列者の車で周囲の道路が渋滞するのでは?という懸念や、遺族から参列者への挨拶は車が来るたびに駆け寄るのか?など疑問点や心配の声もいくつか上がっているので、全国展開するには改良が必要でしょう。

長野から世界へ!?ドライブスルー葬儀場は今後拡大の予感

最初は否定的な意見が多かったドライブスルー葬儀ですが、実際にサービスが始まってみると「高齢者や障害者が葬儀に参列できるようになった画期的なサービス」、「ほんの少しでも手を合わせることができて良かった」、「葬儀のたびに補助が大変だったが、楽になった」など、ドライブスルー葬儀を評価する声が多く寄せられています。

最初は物珍しさという理由で取材されていましたが、国内にも導入を検討している葬儀社が神奈川、千葉、福岡にあり、イギリスやドイツなど海外メディアからも注目され取材されています。

ドライブスルー葬儀は、今はまだ物珍しさや抵抗感のある人もいますが、今後の日本の人口比率を考慮すると一つの葬儀のカタチとして定着していくのではないでしょうか。

ドライブスルー葬儀は時代の流れに合わせた葬儀のカタチ

ドライブスルー葬儀は導入されたばかりで、賛否両論の多い方式です。

参列者が直接故人の顔を見ることができない、遺族との顔合わせや挨拶はどのような形でするのか?など今後改善していくべき点もありますが、高齢化社会という日本の現状を踏まえながら、最後のお別れをしに行きたいという参列者の気持ちを汲んだサービスだといえます。

葬儀は和室に正座をして参列するスタイルから、いまのような斎場で椅子に座るスタイルが主流になってきているのと同じように、新しいスタイルが定着するには時間がかかるのかもしれません。

ですが、どのようなスタイルだとしても、葬儀で大切なのは故人を弔う気持ち。
その気持ちを大事にでき、時代の流れに沿っているドライブスルー葬儀は新しい一つの選択肢として広まる可能性は大いにあると言えるでしょう。