死後離婚のメリットとデメリット<手続き方法と注意点も説明>

介護・老人ホーム
スポンサーリンク

近年、配偶者の死後手続きを行うことで義理の親族と縁を切ることができる『死後離婚』が注目を集めています。
関係がうまくいっていなかった親族と簡単に縁を切れるため、ここ数年死後離婚をする方が急増しています。

しかし、死後離婚はメリットばかりでなく、当然ですがデメリットも…。
それぞれの特徴を知った上で、検討していきましょう。

スポンサーリンク

死後離婚の一番のメリットは「旦那側の親族との縁が切れる」こと

死後離婚の最大のメリットは、上記でも記載したように手続きを行うことで旦那側の親族との縁を切れることです。
近年急増している死後離婚ですが、この背景には『旦那との関係は悪くないが姑との関係が悪く、旦那の死後も付き合いを続けたくない』といった理由があります。
このほかに、旦那の両親と同じお墓に入りたくない・素行が悪い義理の兄弟と縁を切りトラブルを避けたいといった声も聞かれます。

ちなみに『死後離婚』は制度名ではありません。配偶者の死後に籍を抜くことからできた造語ですので、間違えないように覚えておきましょう。
死後離婚は配偶者側の親族と縁が切れる以外にも、まだメリットがありますのでご紹介していきます。

遺族年金や遺産が受け取れる

死後離婚をしても遺産はそのまま相続できます。
遺族年金も受給要件を満たしている場合は受給可能。

自分が再婚するまでは一生遺族年金の受け取りが可能なので、生活も保障されますね。
ただし、生前に離婚した場合は遺族年金がもらえないため、十分注意しましょう。

配偶者側の親族との関係を断ち切るため、義理の両親の扶養・介護義務がなくなります。 お墓にも一緒に入ならくていいので、管理問題からも逃れられますね。 死後離婚の一番のデメリットは「子供に扶養義務が発生する」こと

死後離婚は配偶者側の親族と縁が切れ身軽になれますが、残念ながらデメリットもあります。
最大のデメリットともいえるのが、子供がいる場合「子供に血縁関係がある祖父母の扶養義務が生じる」ことです。
両親が死後離婚をしていても、子供からみると祖父母は直径血族にあたるため扶養義務があります。
配偶者側の兄弟が元気であればそちらのほうが直系になるため扶養義務が優先になります。
しかし、民法で『当事者同士での話し合いで協議できない場合は、家庭裁判所が定める』とあるため一概に兄弟に扶養義務があるとはいえません。

さらに三親等内の親族全員に扶養義務が発生することもあるため、死後離婚で子供が親の代わりに顔も見たことがない親族の介護をするといったことも、最悪起こりえます。
子供が未成年の場合は扶養義務は発生しませんが、成人している場合は要注意です。

取り消しできない

死後離婚の手続きを1度行い、数年後やっぱり元の関係に戻したいと思っても取り消しはできません。
後から不仲が改善されてどうしても関係を戻したいと思ったら、義理の両親を相手に養子縁組を結ぶ必要があります。
現実的な方法とはいえないため、手続きをする前に十分検討するようにしましょう。

法事に関する情報が疎遠になる

死後離婚を行うと配偶者の親族と縁を切るので、その後の法事や墓参りといった情報が回ってこない可能性があります。
配偶者の法要に参加できないほかに、向こうの家から出入り禁止を言い渡される可能性も…。
現在近くに住んでいる場合は顔を合わせるのも気まずくなり、最悪引っ越しを考えないといけなくなるかもしれませんね。

死後離婚の手続き方法と注意点

配偶者が亡くなった時点で夫婦関係はなくなります。
しかし、配偶者が亡くなっても配偶者側の親族との関係はそのままです。
親族関係を断ち切りたい場合は、死後離婚に必要な『姻族関係終了届』を市区町村に提出する必要があります。

死後離婚の手続き方法

死後離婚の成立は『姻族関係終了届』という書類を1枚提出するだけと、とてもシンプル。
姻族関係終了届に必要事項を記入し、本籍地または現在住んでいる市区町村の役場に提出します。

提出時に必要な書類は次の3点です。
◎戸籍謄本
◎印鑑
◎身分証明書

姻族関係終了届は、義理の両親の同意がなくても提出ができ、書類上不備がなければ必ず受理してもらえます。
義理の両親へは自分から言わない限り知られることもないので、安心ですね。
必要書類は役所内の戸籍を扱っているところで入手できるほかは、自治体のホームページからダウンロードできるところもあるので、確認してみてくださいね。

死後離婚手続きの注意点

姻族関係終了届は公的な絶縁状みたいなもので、書類を提出しても戸籍には反映されません。
そのため、旧姓に戻したい場合は『復氏届』を提出する必要があります。

また、提出した日から配偶者の親族とは縁が切れるため場合によっては相手から『見捨てられた』と言われ、トラブルに発展する可能性もあります。
姻族関係終了届の提出するタイミングも非常に重要といえるでしょう。

死後離婚をした後の子供への影響は?

自分は死後離婚を行うことで身軽になりますが、子供への影響は少なからずあります。
大切なお子さんが困らないように全てチェックしておいてください。

戸籍や苗字

戸籍や苗字は親が死後離婚を行っても、子供には全く変化はありません。
親が復氏届で旧姓に戻っても、子供の姓は変わらないので子供の人間関係にも支障はでません。

しかし、親が復氏届を出し旧姓になると戸籍上、子供とは別々になってしまうため同じ戸籍にしたいのであれば入籍届を提出する必要があります。
子供は結婚して相手の姓に変わっている場合はできないので、注意しましょう。

扶養義務

上記でも触れましたが、親が死後離婚を行っても子供と配偶者側の親族の関係はそのままのため、子供に扶養義務が発生します。
健康状態によっては子供が祖父母の介護を行ったり、会ったこともない親族の失業面倒まで見るハメになるでしょう。

相続

相続も変わらず受取できます。
親が縁を切っている状態で子供が他の親族と顔を合わせなくてはいけないため、嫌みをいわれたりと居心地が悪い思いをする可能性があります。
大人のネチネチとした嫌味に小さな子供がどこまで耐えられるのか…。
想像すると心が痛みますね。

お墓

配偶者側のお墓に無理に入らなくてもいいです。

しかし、お墓の名義が自分の親になっている場合はたとえ死後離婚をしても子供がお墓を守っていかなくてはいけません。
現在お墓を保有している場合は子供へ負担がかかる場合があるので、事前に話し合っておきましょう。

死後離婚は、メリット・デメリットをよく検討して決断しよう

死後離婚は『姻族関係終了届』を提出することで、配偶者側の親族と縁を切れる制度です。
必要書類も1枚だけで、必要事項を記載し身分証明慮と印鑑があれば問題ありません。
書類の不備がなければ受理してもらえますが、提出前にはメリット・デメリットを十分に理解しておきましょう。

■メリット
1.配偶者側の親族と縁が切れる
2.死後離婚をしても遺産や遺族年金の受け取りができる
3.義理の両親の扶養義務がなくなる

■デメリット
1.親の代わりに子供に扶養義務が移る
2.死後離婚を取り消すことはできない
3.配偶者の法事関連の情報が回ってこなくなる可能性がある

死後離婚は子供がいる場合、何も相談せずに行ってしまうと負担が全て子供にかかったり親族間で肩身が狭い思いをする可能性があります。

死後離婚を行う場合は必ず子供と相談し、どの程度の影響があるのか確認してから行うようにしましょう。