火葬式と直葬の違いは?逝去から骨上げまでの手順とかかる費用

葬儀
スポンサーリンク

自分の葬儀を考えるときにできるだけシンプルに、という思いから火葬式や直送を選ぶ方が増えています。
そこで気になるのが火葬式と直葬の違い。

今回は火葬式と直葬の違いや流れ、注意点についてご紹介していきます。
メリット・デメリットを知った上で検討していくようにしましょう。

スポンサーリンク

火葬式と直葬は呼び方に違いがあるだけで内容は同じ

火葬式や直葬は一般的な葬儀と異なり、葬儀場を使用して告別式やお通夜を行いません。
故人が亡くなった後にに葬儀を行わずにそのまま火葬することから、火葬式や直葬とも呼ばれ内容は同じです。

近年高齢化が進んでおり、故人が亡くなった時点で親族に葬儀を行える人材がいなかったり経済的な理由から、近年火葬式や直葬を選ぶ方が年々増加しています。

火葬式・直葬の流れと手順について

火葬式や直葬は通夜や告別式を行わないだけで、それ以外の流れは一般的な葬儀をだいたい同じような流れで行われます。

ご臨終

病院で亡くなった場合は、死亡診断書の発行を忘れずに。
葬儀社に連絡を取りお迎えに来てもらいます
が、決まっていない場合は病院から紹介してもらった葬儀社を利用しましょう。
病院ではなく自宅で亡くなった場合は、まずはかかりつけ医に自宅に来てもらいその後救急車で病院へ搬送となります。

万が一誰にも看取られずに残念ながら独りで亡くなり発見された場合、警察に連絡をします。
その後検死・検視を行い、警察に『死体検案書』を発行してもらってから直葬の準備にとりかかることができます。

搬送(お迎え)・安置

火葬式や直葬の場合も、すぐに火葬はできません。
火葬ができるのは死亡診断書(孤独死の場合は死体検案書)に記載されている死亡時刻から、24時間が経過してからと法律で定められています。
それまでは安置できる場所に遺体を運ぶ必要があるため、自宅もしくは葬儀社に搬送し安置することになります。

納棺

故人の好きだったものや花を一緒に納棺しましょう。
故人とのお別れも含みます。

打ち合わせや参列者への連絡

葬儀社との打ちあわせや、火葬場の空き状況を確認し日時を押さえます。
役所への手続きもこのときに済ませておきましょう。。
火葬式や直葬であっても参列者に案内はできるので、家族や親族と話しあい必要と思える人に連絡をしてください。

ただし、安置場所が自宅以外の場所では面会禁止や時間が決められていることもありますよね。
その場合は、あらかじめ面会ができるのか?をしっかり確認しておきましょう。

出棺→火葬

火葬場に出棺、火葬となります。
直葬の場合は僧侶がお経をあげることがないため、違和感を感じる方も出てくるでしょう。
火葬の前にやはりお経を唱えてほしいと思う場合は、手続きが必要になるので火葬場に問い合わせることをおすすめします。

骨上げ

一般的な葬儀同様、2人1組でお骨を同時に挟み骨壺に納めていきます。
喪主が1番最初で、そのあとは血縁が深い順番で進めるのが一般的ですね。
拾い上げていくのは足から始まり、喉仏が一番最期なので覚えておきましょう。

納骨は後日に行いますが、火葬式や直葬を行ったことが原因で菩提寺によって納骨を拒否される場合も…。
菩提寺が決まっているのであれば、火葬式や直葬を行う前に納骨できるかどうかを必ず確認しておきましょう。

火葬式・直葬の費用は20~30万円が目安

火葬式・直葬の費用は地域によって異なりますが、一般的な葬儀や家族葬・一日葬よりも安く一般的に20~30万円ほどと言われています。
これは、葬儀を行わないことでその分の費用が抑えられるからなんですね。

家族葬や一日葬・一般的な葬儀の場合

それでは、他の家族葬や一日葬・一般的な葬儀はどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

一般的な葬儀の相場

一般的な葬儀では、大半が通夜・告別式・火葬を行い参列者も多くなります。
そのため「費用相場は120万円ほど」とそれなりに高額になります。
一般的な葬儀費用は葬儀会場といった施設費用・祭壇や棺などの葬儀施行・返礼品や飲食などの参列者のおもてなし・お布施や心づけの金額によって変動することも覚えておいてください。

家族葬の相場

家族葬は一般的な葬儀よりも参列者が少なくなる分、費用の相場は80万円前後です。
少人数で行われることが多く、その分小さな会場でも対応可能なことから費用の大幅削減が可能になります。

一日葬の相場

一日葬はお通夜がなく、昼または夕方に葬儀が行われるため短時間で済み、忙しい現代人にピッタリのスタイルともいえます。
お布施の金額によって変動しますが、お布施抜きでの相場は60万円ほどですね。
ちなみに葬儀に不可欠な、棺や祭壇・霊柩車などを含めて40万円ほどでオプションをつけることも可能です。

火葬式・直葬の費用が安い理由は?

火葬式・直葬の費用が抑えれらるのは、葬儀や通夜を行わないからです。
参列者もごく少人数になるので、飲食費が抑えられるのも大きなポイントですね。
火葬式・直葬は火葬場の火葬炉前で行われるため、葬儀会場の費用も必要ありませんね。

火葬式・直葬費用の具体的な内訳は

◎寝台車…2~3万
◎棺…6万円前後(安いところは1~3万の場合も)
◎火葬場の利用料…公営で数千~5万、民営で5~15万(地域によって異なる)
◎骨壺代…4000円~2万円(サイズやデザインによる)

このほかに遺族が乗る車の手配代や、火葬場での控室の料金が必要になることもあるので十分確認しておきましょう。

葬儀に対する意識変化から火葬式や直葬が注目

近年、高齢化や高額の葬儀費用が工面できないという方も増えていることから、シンプルで費用が安い火葬式・直葬に注目が集まってきています。
そのため多くの葬儀社で最も、火葬式・直葬の格安プランが用意されるようになってきました。

火葬式・直葬プランおすすめTOP3

火葬式・直葬の内容は分かったけれど、どれが良いのか分からない…。
そんな方のためにおすすめプランをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1位 小さなお別れ葬(14万5000円)<小さなお葬式>

枕飾りや位牌といった仏具を省き、故人とのお別れに必要最低限のものが含まれています。
安置は預かりとなるので、故人との対面はできません。
とにかく費用を抑えたい・シンプルに葬儀を行いたいという方におすすめ。

2位 小さな火葬式(19万3000円)<小さなお葬式>

葬儀に必要なものが全て含まれており、故人との対面ができるためゆっくりとお別れができるのが特徴です。
費用は抑えたいけれど、供養に必要なものも欲しいという方におすすめ。

3位 イオンのお葬式 火葬式(18万5000円)<イオン>

枕飾り一式や棺や位牌といった葬儀に必要なものはもちろん、追加で料理や寺院の紹介もできるので決まった寺院がないという方も安心。
故人をきちんと見送りたいけれど、負担は最小限にしたいという方におすすめです。

火葬式・直葬のメリットとデメリット

火葬式・直葬を行う前にそれぞれのメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

メリット

■費用や時間が抑えられる
火葬式・直葬の最大のメリットはなんといっても、費用の安さです。
通夜や葬儀を行わないためその分の費用が必要なく、負担がグンと少なくなります。
葬儀の時間が必要ないので時間も短く、火葬と骨上げをすれば終わるので多くみても半日あれば十分終わります。

■参列者への対応が必要ない
一般的な葬儀は参列者の数も多く、遺族は悲しみの中で対応しなければいけません。
しかし、火葬式・直葬は参列者がいてもごくわずかの近しい人ばかりなので対応の負担が軽くなります。
参列者が少ない分、故人と最期の別れをゆっくりと行えるのが魅力ですね。

デメリット

■周囲の理解が得られない場合がある
火葬式・直葬は近年注目されるようになってきたとはいえ、まだまだ知られていません。
そのため、従来の葬儀を重んじる親族や家族からは理解が得られずに、トラブルに発展する場合も…。

また、基本的に身内のみで行われるのが大半のため火葬式・直葬が終わったあとに、参列したかったという方が出てくる可能性もあります。
火葬式・直葬を決めるときは必ずよく話し合い、親族への十分な理解が得られてからにしましょう。

■菩提寺とトラブルになるケースもあります…。
菩提寺がある場合は特に注意が必要です。
というのも、決まったお寺がある場合その場所の考えに沿って葬儀が行われることが大半のためです。

火葬式・直葬を行ったはいいものの、菩提寺に話を通しておかなかったことで納骨できない…とならないためにも、あらかじめ相談しておくことが大切です。

火葬式・直葬では事前に『香典』のことを考えておこう

火葬式・直葬は身近な人でしか行わないから『香典』は必要ないと考えていても、事前に香典辞退の旨を伝えておかないと、香典を持参する方もいます。
香典を頂いた場合は返礼品を渡すのがマナーになるため、弔問客が見込まれる場合は必ず用意をしておきましょう。

また、香典は不要と決めている場合は、必ず周りにもしっかりと伝えておくことが大切です。

火葬式・直葬が終わって後日訃報を知り、弔問客が訪れる場合もあります。
あらかじめ来ることが予想される場合は、返礼品の準備を忘れないようにしてくださいね。

低予算でお見送りができる火葬式・直葬が注目されつつある

火葬式と直葬は呼び名が違うだけで意味は同じです。

葬儀や告別式を行わずにそのまま火葬を行うため、大幅な費用・時間の節約ができると近年注目を集めている葬儀スタイルですね。

★火葬式・直葬の流れは、
お迎え→安置→打合せ→納棺→お別れ→出棺→火葬→収骨
というのが一般的。
かかる費用は地域によって異なりますが20~30万円が相場です。

次のようなメリットとデメリットがあるのも知っておきましょう。
■火葬式・直葬のメリット
1.費用の削減
2.参列者への対応がなく、故人との最期の時間をゆっくりと過ごせる

■デメリット
1.周囲の理解が得られない場合がある
2.菩提寺に納骨を断られる可能性がある

葬儀を行わないということで周囲からの理解が得られない場合も多いため、自分1人で決めずに必ず家族や親族と生前によく話し合って決めことがトラブル回避につながりますよ。