市民葬や区民葬の費用は?最低限のサービスでいいなら比較的安い

葬儀
スポンサーリンク

お葬式には各自治体が行う市民葬・区民葬があります。
自治体と聞くと、安い料金で葬儀ができるイメージがわきますが、実際はどのくらいかかるのでしょうか?
内容やクオリティはどうなのか?不安に思う人もいると思います。
今回は、市民葬や区民葬の費用、内容(クオリティ)などを調査してまとめました。

スポンサーリンク

市民葬や区民葬の費用【相場より低いけど最安値ではない】

市民葬や区民葬は各自治体が指定した葬儀社で行う葬儀のことで、市や区が決めた価格で葬儀をあげることができます。

注意点は、自治体が行っているからといって市民葬・区民葬が最安値とは限らないこと。

もちろん、自治体が決めた価格なので相場より大幅に高くなることはありませんが、市民・区民葬は一部のサービスや物品を定額で利用できるだけで、定められた内容以上のことをする場合は追加費用が必要です。

自治体によっては用意されている内容だけだと不十分に感じることもあり、オプションを追加するうちに費用が高額になってしまう場合もあります。
最後のお別れをどのように執りおこなうのか?によって必要な物品やサービスは変わるので、市民葬・区民葬は条件次第で低価格になると捉えておきましょう。

市民葬や区民葬の具体的な費用とサービス内容(東京都の一例)

各自治体(世田谷区、江戸川区、江東区、多摩市)で市民葬・区民葬をする場合の費用をまとめました。

■世田谷区

【祭壇料金】
・91,000円~295,800円(祭壇・棺による)
・寝棺のみの利用もできる(別途料金設定あり)
・祭壇の長尺棺は別料金

【霊柩車運送料金】
・14,160円~(走行距離・車種によって変わる)

【火葬料金】
・大人53,100円、6歳以下の子ども29,000円

【遺骨収納容器】
・大人用9,800円~10,900円、子ども用2,300円

【総額】
17万~38万円+上記以外の諸経費

【選べる葬儀社】
18社

■江戸川区

【葬祭料金】
91,000円~236,000円(別途、霊枢車といった諸費用が必要)

具体的な内容が開示されていないので、区民課への問い合わせが必要です。

【選べる葬儀社】
2社

■江東区

【祭壇料金】
・91,000円~295,800円
・(寝棺のみ)40,000円~72,000円

【霊柩車運送料金】
・10kmまで 14,160円~30,250円
・20kmまで 17,760円~35,750円
・30kmまで 21,360円~41,250円

【火葬料金】
・大人53,100円、6歳以下の子ども29,000円

【遺骨収納容器】
・大人用 9,800円~10,900円、子ども用2,300円

【区民葬儀に含まれない諸経費】
ドライアイス、遺影写真、会葬礼状、返礼品、飲食代、生花、花輪、御供物、テント、ハイヤー
マイクロバス、斎場使用料など

【総額】
12万円~40万円+諸経費

【選べる葬儀社】
14社

■多摩市

【葬祭料】
・114,696円~540,000円

【火葬料金】
・南多摩斎場・・・故人が八王子市、町田市、多摩市、稲城市、日野市に住民登録があれば無料。
・多摩葬祭場・・・大人53,100円、子ども29,000円

【遺骨収納容器】
・大人用 10,584円~11,772円、子ども用5,184円

【諸経費】
・ドライアイス(一昼夜)9,720円~
・骨壷白覆 9,720円~10,800円
・写真引伸(額付・白黒)16,200円
・礼状(100枚、清塩付き)8,640円~
・盛菓子 7,560円
・霊柩車 19,180円~47,520円
・司会料(2日間)21,600円

マイクロバスやその他必要な装具は別料金

【総額】
13万円~60万円+諸経費

【選べる葬儀社】
11社

市民葬や区民葬の手続き方法

まずは住んでいる地区の自治体が市民葬・区民葬を行っているかを調べなくてはいけません。
自治体のホームページにアクセスして、葬儀・市民葬・区民葬などのキーワードで検索して調べましょう。

市民葬議、区民葬儀、規格葬儀などが検索されると、その自治体は市民葬・区民葬を行っているので利用方法、利用料金、提携葬儀社などを確認してください。
申し込み方法は自治体に申し込むor葬儀社に申し込むになります。

市民葬や区民葬の割引サービスだけで葬儀はほぼ成り立たない

市民葬・区民葬の割引サービスは各自治体によって多少の違いはありますが、

・祭壇
・霊柩車
・火葬料金
・骨壷

のみ割引を行っている自治体が多く、実際のところこのサービスだけで葬儀を行うと非常に質素な式になるので、多くの場合はそれ以外の諸経費を通常料金で支払うことになります。

主な諸経費とは、

・飲食費
・斎場使用料
・葬儀社スタッフの人件費
・寺院への謝礼
・ドライアイス
・骨壷白覆
・写真引伸
・礼状
・供物

などです。

こういった諸経費を追加で払うことになるので、質素な式でも意外と費用がかかるのがデメリット。
最近はほとんどの葬儀社でパック料金のプランをだしているので、葬儀の内容によっては市民葬・区民葬より費用を抑えた葬儀ができます。
どんなプラン内容なのかを具体的にいくつか紹介していきますね。

市民葬や区民葬よりも安い費用でできるプランも視野に入れておこう

葬儀社の格安プランをうまく使えば価格を抑えつつ、葬儀を行うことができます。
ここでは『よりそうのお葬式』が提供する葬儀プランを紹介していきます。

【シンプルな直送プラン】 12万8千円

■特徴
自宅安置なし、お通夜なし、告別式なしの火葬のみ。

■含まれるもの
寝台車、ドライアイス、ご安置料金、葬儀社預かり安置、棺一式、役所・火葬場手続き代行、火葬料金、骨壷、運営スタッフ

■含まれないもの
安置面会、自宅安置、枕飾り一式、焼香用具、お別れ用花束、自宅飾り一式、仏具一式、玉串一式

近しい知人のみで火葬だけを行いたい人や必要最小限の葬儀にしたい人にはおすすめのプランですね。

【家族葬を行うプラン】39万8千円

■特徴
親族、友人、知人のみで行う葬儀

■含まれるもの
寝台車、ドライアイス、ご安置料金、役所・火葬場手続き代行、柩、納棺、仏衣一式、棺用布団、寝台車、葬儀場利用料金、
生花祭壇、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、運営サポート、骨壺、会葬礼状

■含まれないもの
焼香用具、仏具一式、正面看板、枕飾り一式、自宅飾り一式

親しい人たちだけで行う家族葬に必要なサービスはほとんど含まれていながら、そこまで高くないのが魅力ですね。

【一般葬】49万8千円

■特徴
仕事関係者や趣味仲間なども呼ぶ“一般的な葬儀”を格安で行うことができます。

■含まれるもの
寝台車、ドライアイス、ご安置料金、役所・火葬場手続き代行、柩、納棺、仏衣一式、棺用布団、寝台車、葬儀場利用料金、
生花祭壇、遺影写真、受付セット、司会スタッフ、運営サポート、骨壺、会葬礼状、正面看板

■含まれないもの
焼香用具、仏具一式、枕飾り一式、自宅飾り一式

50万前後で世間的にも問題ない内容の葬儀ができる格安のプランです。

市民葬・区民祭をするなら内容と料金を確認してから

市民葬・区民葬は自治体がやっているからといって、最低価格でできるわけではありません。
相場より異常に高くなることはありませんが、一度サービス内容や料金を調べてから、葬儀社の格安プランも確認したほうが賢明といえます。
おさらいとして、東京の市民葬・区民葬(一例)と葬儀社の格安プランの費用をまとめておきました。

◆東京都の市民葬・区民葬 費用一例

自治体 葬儀費用(総額)
世田谷区 17~38万円
江戸川区 10~25万円
江東区 12~40万円
多摩市 13~60万円

市民葬や区民葬の場合は、上記プラス『諸費用(15~30万円)』が必要となります。

◆よりそうのお葬式(全国対応)の格安葬儀プラン

プラン名 葬儀費用(総額)
直葬プラン 12万8千円
火葬式プラン 14万8千円
一日葬 27万8千円
家族葬 39万8千円
一般葬 49万8千円

必要なもの全てが含まれているので、追加料金のことを考えなくていいのが魅力ですね。
また、事前申し込みをしておくと5万円の割引が受けられるのも◎

費用面と葬儀の内容をきちんと調べた上で最善の式を行いましょう。